ブログをやらない士業は稼げない

ブログをやらない士業は稼げない


【目次】

 

行政書士事務所の開業を考えている皆さんは
これまでに多くの行政書士のホームページやブログを閲覧してきたと思います。

 

 

そして、こういった疑問を抱いた人も少なからずいたはずです。

 

 

 

「ホームページはわかるけど、なんで行政書士がブログなんてやってるんだ?
 よっぽど暇なのか?」

 

 

 

いえ、いえ。
暇だからやっているわけではありません。

 

 

ブログをやらないと大きく稼ぐことができないから、忙しくてもやっているのです。

 

 

 

では、なぜ稼ぐためにブログが必要なのでしょうか?
まずは、この点について詳しく説明していきます。

 

 

 

ホームページだけでは稼げない理由

 

 

士業が大きく稼ぐためには、
アナログでの営業だけでなく、ネット上からも集客しなければなりません。

 

そして、ネット上から集客するためには、
事務所のホームページが検索エンジン(Google)で上位表示される必要があります。

 

 

WEB制作会社にサイト作成を依頼するリスク」の頁で説明したように
サイトを上位表示させるためには
コンテンツの質と数が必要です。

 

そして、
ドメイン名(行政書士事務所ホームページのURL)の決め方」で説明したように、
サイトにアクセスが集まり始めるのは、
サイト開設時から3カ月〜6カ月経過後、かつ、有益な記事数が30〜50を超えた頃です。

 

 

しかし、この記事数30〜50とは「最低限度」の数字です。
これくらい記事が蓄積されて初めてそのサイトの順位が上昇し始めるのです。

 

でも「上昇」するだけでは稼げません。
大切なことはライバルに勝つことです。
同じ地域、同じ業務で競合する他の行政書士事務所や他士業のホームページよりも上位に表示
されなければならないのです。

 

つまり、ライバルのサイトの記事数が100であれば、
それ以上の記事数を書かなければ勝てないのです。

 

 

 

しかし、そうは言っても、
行政書士事務所のホームページ体系的なまとまりが要求されます。
100も200も記事を積み上げていくと、
ぐちゃぐちゃになって編集できなくなってしまいます。
つまり、ホームページで記事を大量に更新し続けることは現実的に無理なのです。

 

 

だけど、ブログは違います。
ブログは基本的に「一話完結的な記事」を日々更新していくものです。
体系的なまとまりは要求されません
100でも1000でも記事を更新し続けることができるのです。
その先は無限です。

 

そして、更新すればするほどSEOに強いサイトに成長していきます。
つまり、ブログはホームページよりも大量にアクセスを呼び込めるツールなのです。

 

 

そして、SEOに強いブログを育てたら、そこから事務所のホームページにリンクを送ります
そうすることで、
ブログに集まった大量のアクセスを、ホームページに流し込む
ことが可能となるのです。

 

 

 

さらに言うと、
評価が高いサイトからリンクが送られると、
リンクを送られたサイトそのものの評価も上昇します。

 

つまり、
ホームページにリンクを送ったブログでどんどん記事を更新し続けると、
ブログの評価も上がり、同時にホームページの評価も上がっていくのです。
すなわち、ホームページ自体の検索順位も上昇していくのです。

 

 

 

こういった仕組みを作るために、
行政書士(に限らず士業全般)は、せっせとブログ記事を更新しているのです。

 

図にするとこんな感じです。

 

 

 

 

 

 

 

 

  *フェイスブック、業務特化型ツイッターについては改めて説明します

 

  *自分のブログから自分のサイトにリンクを送ることはペナルティーの対象にはなりません。
    この手のリンクはむしろ自然なリンクだからです。
    やってはならないのは不自然なリンクを送ること(関連性の薄い大量のサイトからのリン
    ク、WEB制作会社にお金を払って送ってもらうリンクなど)です。

 

 

 

まぁこういった「ネット戦略」は、他の業界では常識中の常識であり、
どこでもやっていることなのですが、
どういうわけか士業の世界(特に弁護士)ではネット戦略のレベルが著しく低いのが現状です。

 

でも、だからこそ新人の行政書士でも、ここが得意になれば十分に勝てるチャンスがあるのです。

 

なので、これから士業のマーケットに新規参入される新人の皆さんは、
是非ともネット戦略に長けた行政書士になってください。

 

 

ブログをやるのは当たり前。
問題は、ライバルに勝てるブログを作り上げていくことです。

 

 

強いブログを作るスキルを身につけたら
同業の行政書士のみならず、
例えば相続や内容証明等で競合する弁護士にだって勝つことが可能となるのです。

 

 

 

それでは、以降のページで、ライバルに勝てるブログの作り方を説明していきます。

 

 

 

まとめ

 

 

ブログを更新し続けることによって強力な集客媒体を手に入れることができる。
そして、その強力なブログから事務所のホームページにリンクを送る。

 

そうすることで、ブログ経由で大量の集客が可能となり、
かつ、ホームページ自体の検索順位も上昇する。

 

他の業界では当たり前のこのネット戦略を、
時代遅れの士業のマーケットで展開し、そしてライバルに勝ちましょう。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

行政書士ブログの目的とターゲット層
行政書士の業務はほぼ単発系なので、常に新規客を獲得し続けなければいけません。ブログを書く目的も新規客の獲得です。なおリピーター確保は、顧客に葉書を送る等、行政書士の側からのアクセスが必要です。
新人行政書士が新規客を呼び込むブログ作成法
新人行政書士は基本業務を勉強し、理解できた範囲でブログ記事にまとめましょう。記事を書くことで理解が深まります。と同時に記事のアップが営業活動になります。ブログを書くことは新人行政書士がスキルを高めるための最も効果的な作業なのです。
アクセスを大量に集める行政書士ブログの育て方
アクセスを呼べる検索ワードは客観的に予測できる。だが、合理的判断でブログを更新している行政書士や他士業は少ない。ネット戦略を学べば新人行政書士でも十分に勝てる。正しいやり方でブログを育てネット集客で稼ぎましょう。
行政書士ブログ開設@(ブログ名、ドメイン名の決定)
ブログにおいてもブログ名、ドメインはSEO(集客)にとって重要な意味がある。行政書士を探す見込み客が検索しそうなワード(地域名など)をブログ名に入れる。また、無料ブログではなく新規ドメインを取得して自分のブログを作る。
行政書士ブログ開設A(ブログソフトウェア、テンプレート等)
行政書士がネット上で集客するために検索エンジンで上位表示されるブログを作成する必要があります。そのためにワードプレスというブログソフトウェアに賢威テンプレートを適用し、パーマリンクの設定で動的サイトを疑似的に静的化します。
行政書士ブログ開設B(テンプレート設置、記事のアップ方法)
集客できる行政書士ブログを育てる前提としてワードプレス設定とテンプレート適用を最適化します。その上で見込み客が検索サイトに打ち込むキーワードを盛り込んだ記事を作成します。やがてリンクを送った事務所ホームページに見込客が流れ始めます。
行政書士ブログの禁止事項
行政書士ブログにはNG事項があります。顧客の事を書くと顧客に嫌われます。異なる属性を呼び込むとGoogleに嫌われます。日記的なブログではアクセスが来ません。新人であることをアピールすると仕事が来ません。記事作成に時間をかけると更新できません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務