新人行政書士の取扱業務の決め方

新人行政書士の取扱業務の決め方


【目次】

 

 

結論から言いましょう。

 

開業直後の新人行政書士は
いわゆる行政書士の基本業務≠ニ言われるものの全てを取扱業務とすべきです。

 

そして、将来的には
取扱業務の数を徐々に減らし、柱とする業務をいくつかに絞り、
特定の業務に特化した専門性の高い事務所に育てていく事を目指して下さい。

 

 

以下、その理由をお話ししていきます。

 

 

理想は業務特化型の行政書士事務所

 

 

目指すべきは、特定の業務に特化した行政書士事務所です。

 

 

その理由は二つ

 

 

@ 客から信頼されやすい(集客しやすい)

 

A 行政書士自身のスキル・作業効率が高まる

 

 

です。

 

 

 

業務特化型事務所は客に信用されやすい

 

 

例えば、離婚協議書の作成を行政書士に依頼したいと考えている見込み客Aがいるとします。

 

そして、Aさんが住んでいる地域にB行政書士事務所とC行政書士事務所があるとします。

 

B行政書士事務所は離婚に特化した行政書士事務所です。
一方、C行政書士事務所は離婚のみならず相続、会社設立、各種許認可等、行政書士の基本業務を幅広く取り扱っています。

 

 

この場合、Aから選ばれやすいのは、やはり離婚を専門にしているB行政書士事務所です。

 

Aは「離婚」という問題に直面しているわけですから、
その問題に特化している行政書士の方を信用しやすいのです。

 

 

もちろんこれは「離婚」という問題に限ったことではありません。
行政書士を探している見込み客は、何らかの問題、悩みを抱えている層です。
この層は自分が抱えている問題だけにしか関心がありません
だから、その抱えている問題に特化した行政書士に頼りたくなるものなのです。
(肉も魚も野菜も欲しい、というスーパーマーケットの客とは根本的に違います)

 

 

多くの業務を取り扱った方が多くの層から仕事を受注でき収益は上がる、
と考えてしまうかもしれませんが、
それは違います。

 

何でも屋≠フ行政書士は、強み≠ェないので(客にはそう見えるので)、
結局、取り扱っている業務全てについて、それぞれの業務に特化している行政書士事務所に
負けてしまうのです。

 

 

競争が激化している士業のマーケットでは、
特定の業務に特化しなければ、勝ち残るのは難しいのです。

 

 

 

行政書士自身のスキル・作業効率が高まる

 

 

様々な業務を取り扱っている行政書士は、様々な業務をこなさなければいけません。
当然ですが、業務ごとに要求される知識、経験は違います。
手を広げている分、それぞれの業務のスキルを向上させるにも長い期間を要しますし、
作業効率も悪くなります。

 

しかし、
特定の業務に絞って営業している行政書士であれば、その特定の業務しか受任しないので、
スキルアップのスピードも当然速くなりますし、作業効率も高くなります。

 

その結果、仕事の完成度も高くなり、顧客満足度も上がります。

 

 

つまり、業務特化型事務所にした方が、
顧客にとっても行政書士自身にとってもメリットが大きいのです。

 

 

 

とは言うものの・・・

 

 

 

事務所開業時はなんでも屋行政書士≠ノならざるを得ない

 

 

行政書士事務所の名前の決め方」のページでもお話ししましたが、
何の経験もない開業したての新人行政書士がいきなり何らかの業務に特化しても
失敗する可能性が極めて高いのです。

 

 

行政書士事務所経営で成功するためには、
他の行政書士、他の士業との競争に勝たなければいけません。

 

例えば、あなたが「相続」の分野に特化するのであれば、
あなたの営業エリア内で相続を取り扱っている士業事務所との競争が始まるのです。

 

 

もちろん、開業時から「相続」に特化すると決めて事務所を立ち上げた行政書士は、
事前に市場調査を入念に行い、勝算があると判断したからこそ、そうしたのでしょう。

 

しかし、計算通りに上手くいくことは通常ありません。
ビジネスには不確定要素があまりにも多いからです。

 

 

このサイト全般を通してお話ししていますが、
新人行政書士の事務所運営は、最初は「人脈」に頼らざるを得ない面があります。

 

新人行政書士は事務所開業後、様々な交流会、懇談会等に出席して
同業の先輩行政書士や他士業、他の業界の経営者等と知り合いになる努力をします。
少しずつ人脈を育てていくのです。
そして、育っていった人脈からお客様を紹介して頂けるようになるのです。

 

でも、そこで紹介してもらえるお客様が「相続」の問題を抱えている層とは限りません。
飲食店を開業しようとしている人かもしれませんし、
交通事故の被害者となった人かもしれません。

 

あるいは、建設業界に太い人脈を持っている経営者と知り合い、
その人があなたの事を気に入ってくれるかもしれないのです。

 

 

確かに、「相続」と決めてその専門書ばかりを読み込んでいれば、
「相続」に関する表面的な知識は増えるでしょう。
でも、どんなに勉強しても、実際に仕事が来なければスキルは身につきません。

 

一方、コツコツと人脈作りに励んでいたら、少しずつですけれども確実に人脈は育っていきます。
しかし、どんな客層の人脈が育つかは、それはやってみなければわかりません。

 

つまり、どんな仕事が獲得しやすいかは、実際にやってみなければわからないのです。

 

だから、最初は基本業務全てを取り扱い、依頼があった仕事は全てこなす、というスタンスで行くべきなのです。

 

 

極めて非効率です。
でも、
開業したばかりの新人行政書士がいきなり効率の良い事務所運営などできるはずがありません。

 

寝る間も惜しんでがむしゃらにやるしかないのです。
行政書士に限った話ではありません。
どんなビジネスでも同じこと。
開業して経営が軌道に乗るまでは死に物狂いで働くしかないのです。

 

その覚悟がないのであれば、行政書士事務所開業などやらない方がいいです。
どうせ廃業しますから。

 

でも、業種を絞らずに一生懸命にやっていたら、必ず方向性が見えてきます。
育っていく人脈にもはっきりとした傾向が出てきます。
(類は友を呼ぶ。ある問題を抱えている人の周りには同じ問題を抱えている人が大勢います)
また、同じ業種で競合しているライバル達の真の実力(特に集客力)も見えてきます。
さらに、実際にさまざまな業務を経験することで、自分にとっての向き不向きもわかってきます。

 

そうやって
様々な実務経験を積んでいきながら、自分が専門とすべき業務を絞っていけば良いのです。

 

 

ほとんど依頼が来ない業務は切り捨てましょう。
好きな業務でもライバルが強すぎるのなら撤退しましょう。

 

人脈が太く育っている属性への業務には注力しましょう。
時代の流れで需要が高まりつつある業種には挑戦しましょう。

 

 

様々な業務を取り扱う→実践、検証→専門を絞る

 

 

急がば回れ≠ナす。
長期的な視点で経営戦略を組み立てましょう。

 

 

 

お客様の前では業務特化型の行政書士≠ノなる

 

 

新人時代は何でも屋≠フ行政書士になれ、と言いました。
しかし、何でも屋≠セと客から選ばれにくい、とも言いました。

 

 

そこで、お客様から選ばれる何でも屋≠ノなる必要があります。
方法はあります。
それは、属性に合わせて業務特化型≠フ行政書士であるように見せることです。

 

 

具体的には、「業務特化型名刺」と「業務特化型ホームページ」というツールを使います。

 

詳細は、それぞれの頁に書いてありますが、
要するにこの二つのツールを使って、
ある特定の悩み、問題を抱えている属性に対して、
その問題を解決できる業務に特化した行政書士であることをアピールするのです。

 

これはもう本当に効果絶大です。

 

稼いでいる行政書士は皆やっている手法です。
そして、新人でもできる(というか、新人だからこそやらなければならない)営業方法です。

 

 

ぜひ、挑戦してください。

 

 

 

まとめ

 

 

新人時代は行政書士の基本業務の全てを取り扱う

 

やがて、稼げる業種とそうでない業種がわかってくる

 

将来的には稼げる業種だけに絞り、業務特化型行政書士を目指す

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

行政書士事務所開業までのスケジュール
行政書士事務所開業の手順:登録申請書類を入手→事務所の場所、名前の決定→電話、ホームページの準備→名刺作成→行政書士会に書類提出→事務所備品の購入→単位会の事務所調査→登録完了→職印、表札の作成→登録証授与式に参加→開業
行政書士事務所開業に必要な費用(資金)は?
行政書士として成功するためには顧客に満足してもらえるレベルのサービスを提供することが絶対条件です。そのための環境設定には投資が必要です。しかし開業資金は限られています。その環境を作るための費用を最小限度に抑える手段を選択しなければいけないのです。
行政書士事務所の求人など探すな!!
行政書士業務のスキルを身につけるには自分で勉強するしかありません。求人がほとんどない行政書士事務所への就職は期待できないし、そもそも補助者は雑用ばかりで行政書士の基本業務は経験できないのです。行政書士をするなら最初から独立しましょう。
会社退職・独立前の準備
退社独立は周到な準備が必要です。円満退社できるように周りの理解を得ましょう。会社から源泉徴収票等を受け取ることも必要です。事務所用クレジットカードも会社員の地位で作成します。退社後は迅速に国民年金、国民健康保険に加入します。
行政書士会への新規登録の手順
行政書士会への登録が認められて初めて行政書士として仕事ができます。登録の審査に要する期間は1〜2カ月。早めに申請書類を作成し、入会予定の都道府県行政書士会に提出しましょう。
行政書士事務所の名前の決め方
行政書士会への登録にあたって「事務所名」を決めなければいけません。 そして、意外なことに、あまり考えずに事務所名を決めてしまう新人行政書士が結構いるのです。 しかし、事務所名は集客力に重大な影響を及ぼします。 事務所経営が成功するかどうかに関わる程、「事務所名」は重大なのです。 このページでは失敗しない「行政書士事務所の名前」について説明していきます。
「自宅兼事務所」で開業する場合の注意点!
「事務所」の場所の決定は開業前の悩みどころです。 確かに、「独立事務所」を借りた方が顧客に信頼されやすいです。 しかし、開業資金に余裕がなければ「自宅兼事務所」にすべきです。 営業活動に使うべき資金がなくなってしまったら、結局は廃業せざるを得なくなるからです。 対面の営業で「行政書士」としてのあなたが信頼されれば「自宅兼事務所」でも仕事は獲れます。経営が安定してから「独立事務所」に移転すればいいのです。
新人行政書士の営業の仕方
開業したての新人行政書士は、とにかく足を使って営業するしかありません。 「スキル」も「実績」も「知名度」も「人脈」もないのですから、 とにかく人に会って、新人としての「情熱」を伝えるしか、術はないのです。 人に会うにはお金もかかります。しかし、ここに投資出来ない人は、絶対に行政書士として成功はしません。最初から利益など出るはずはないのですから。 汗をかいて、投資して、対面の営業活動に全力を尽くして下さい。
行政書士事務所の電話
顧客との通信手段で最も重要なツールは言うまでもなく「電話」です。 特に、事務員がいない個人の行政書士事務所の場合はとりわけ電話が重要です。 しかし、この最重要のツールである「電話」をうまく利用できていない行政書士(というよりも士業全般)が以外に多いようです。 顧客にとっての利便性を最大限に高めた「電話の環境設定」をすることで集客力をアップさせましょう。
集客できる行政書士事務所のホームページ
現代の士業にとって事務所のホームページは必須の営業ツールです。 ホームページを作らずして新人行政書士が成功することなどありえません。 対面の営業活動を無駄にしないためにも、そして、ネットからの自動集客のためにも 事務所開業前からコツコツとホームページを作り込んでいきましょう。
集客できる行政書士の名刺
名刺を使っての営業戦略は侮れません。工夫次第で新人行政書士でも短期間で人脈を作り、顧客を獲得することが可能となります。ポイントは、相手によって渡す名刺を変えること。属性に合わせた業務別名刺を作成し、相手を見ながら名刺を配っていきましょう。
「行政書士登録申請までの準備」のまとめ
登録申請までにしなければならない開業準備はたくさんある。この準備ができなければすぐに廃業することになる。実際、開業後1年以内に廃業する新人行政書士は少なくない。やるべき準備を把握して計画的に迅速に実行しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務