行政書士の求人・補助者のバイト

行政書士事務所の求人など探すな!!

 

このサイトは「開業」マニュアルですから、
独立して行政書士事務所を開業することを目的として書いています。

 

 

ですが、このサイトの訪問者の中にも

 

できれば最初は行政書士事務所に補助者として雇ってもらい、自分の事務所を構えるのは経験を
 積んでから・・・

 

と、考えている方もおられるでしょう。

 

 

 

だけど、もうある程度「現実」は見えていますよね?

 

インターネットやハローワークで新人行政書士の求人を探しましたよね?

 

 

そうです。
新人行政書士を雇おうとしている行政書士事務所などほとんどないのです。
仮に見つかったとしても、競争率はかなり高いはず。
まず採用なんてされません。

 

 

 

なので、最初から求人を探すことなんてやめましょう。

 

 

 

 

そもそも「行政書士」の醍醐味は最初から独立して仕事を獲り、
その報酬の全てを自分の利益にできるところにあります。

 

行政書士事務所の補助者がもらえる給料なんてほんとに安い≠ナす。
コンビニでバイトをしていた方がよっぽどましなレベルです。
開業しなければ、行政書士をやっている意味なんてないのです。

 

 

そして、行政書士の仕事のほとんどはやり方≠ェ決まっています。
例えば、行政書士の主たる業務である「許認可」の要件は「法定」されています。
「手引書」もあります。
未経験の新人行政書士だって、
そのやり方を調べてひとつひとつクリアしていけば、仕事は完成するのです。
こんな仕事(自営業)、なかなかありませんよ?

 

   * もちろん、先輩行政書士に助けてもらわなければいけないような局面に遭遇することも
     あります。
     しかし、それは開業した後、先輩士業との繋がりを作っていけば良いだけのことです。
     補助者から始めなくてもなんとかなります。

 

 

 

いや、そもそも
行政書士事務所に補助者として雇われれば、行政書士として独立できるスキルが身につく
という発想自体が間違っています。

 

 

私の知っている補助者さんの中にも
経理、役所への書類提出、チラシ配り、事務所の掃除、事務所のブログ記事の更新などなど
行政書士の業務の周辺の作業ばかりさせられている人がいます。
書類作成もしていないわけではないのですが、それは定型的な作業ばかりのようです。
要は「資格保有者」であっても単なる「事務員」として扱われているのです。
寿司屋の下積みに例えれば、シャリを握らせてもらえないのです。

 

 

まあ考えてみれば当然のことです。
仕事が順調に入るようになり忙しくなってきた行政書士は
自分(行政書士の資格保有者)にしかできない仕事に専念したいわけです。
なので、誰にでもできるような作業(雑用?)は誰かに代わりにやってもらうために
補助者を雇うのです。

 

 

ライバルを育てるために雇っているわけではないのです。

 

 

 

あなたが将来補助者を雇うようになった時だって、そうですよね?
でも、自分が「開業前の新人行政書士」の立場になると、
「お金をもらいながらスキルを身につけたい・・・」
なんて考えてしまうものです(実は私もそうでした・・・)。

 

しかし、そんな甘い話はないのです。

 

   (イソ弁≠フ伝統がある弁護士業界などとは違うのです。
     行政書士の先輩方は自分が育てられていませんから・・・)

 

 

 

なので、仮に補助者として働けるチャンスがあったとしても、
それでも最初から独立した方が良いです。
その方が早くスキルが身につきます。

 

私だけではなく、他の行政書士もそう思われているでしょう。

 

 

 

実務の勉強法については、改めてお話ししますが、
基本的に業務のやり方は、専門書を読んだり講座を受けるなどして、自分で身につけるものです。
価値あるもの(スキル)を手に入れようとするわけですから、当然、投資が必要なのです。

 

 

 

給料をもらいながら勉強するなんて
そんなサラリーマン根性≠ヘ今すぐ捨てましょう。

 

「行政書士」になるということは、「経営者」になるということなのですから。

 

 

 

まとめ

 

 

行政書士事務所の求人などほとんどない。

 

仮に補助者として働けたとしても、行政書士業務のスキルは身につかない。

 

 

最初から自分の事務所を開業して、自分の努力でスキルを高めていくしかないのです。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

行政書士事務所開業までのスケジュール
行政書士事務所開業の手順:登録申請書類を入手→事務所の場所、名前の決定→電話、ホームページの準備→名刺作成→行政書士会に書類提出→事務所備品の購入→単位会の事務所調査→登録完了→職印、表札の作成→登録証授与式に参加→開業
行政書士事務所開業に必要な費用(資金)は?
行政書士として成功するためには顧客に満足してもらえるレベルのサービスを提供することが絶対条件です。そのための環境設定には投資が必要です。しかし開業資金は限られています。その環境を作るための費用を最小限度に抑える手段を選択しなければいけないのです。
会社退職・独立前の準備
退社独立は周到な準備が必要です。円満退社できるように周りの理解を得ましょう。会社から源泉徴収票等を受け取ることも必要です。事務所用クレジットカードも会社員の地位で作成します。退社後は迅速に国民年金、国民健康保険に加入します。
行政書士会への新規登録の手順
行政書士会への登録が認められて初めて行政書士として仕事ができます。登録の審査に要する期間は1〜2カ月。早めに申請書類を作成し、入会予定の都道府県行政書士会に提出しましょう。
行政書士事務所の名前の決め方
行政書士会への登録にあたって「事務所名」を決めなければいけません。 そして、意外なことに、あまり考えずに事務所名を決めてしまう新人行政書士が結構いるのです。 しかし、事務所名は集客力に重大な影響を及ぼします。 事務所経営が成功するかどうかに関わる程、「事務所名」は重大なのです。 このページでは失敗しない「行政書士事務所の名前」について説明していきます。
「自宅兼事務所」で開業する場合の注意点!
「事務所」の場所の決定は開業前の悩みどころです。 確かに、「独立事務所」を借りた方が顧客に信頼されやすいです。 しかし、開業資金に余裕がなければ「自宅兼事務所」にすべきです。 営業活動に使うべき資金がなくなってしまったら、結局は廃業せざるを得なくなるからです。 対面の営業で「行政書士」としてのあなたが信頼されれば「自宅兼事務所」でも仕事は獲れます。経営が安定してから「独立事務所」に移転すればいいのです。
新人行政書士の営業の仕方
開業したての新人行政書士は、とにかく足を使って営業するしかありません。 「スキル」も「実績」も「知名度」も「人脈」もないのですから、 とにかく人に会って、新人としての「情熱」を伝えるしか、術はないのです。 人に会うにはお金もかかります。しかし、ここに投資出来ない人は、絶対に行政書士として成功はしません。最初から利益など出るはずはないのですから。 汗をかいて、投資して、対面の営業活動に全力を尽くして下さい。
新人行政書士の取扱業務の決め方
特定の業務に特化した方が客からも信頼されやすく、また行政書士自身の作業効率も高まる。しかし新人行政書士が開業時から業務を絞っても失敗する確率が高い。まずは行政書士の基本業務全ての依頼を受け実務を経験しながら稼げる業種を見極めていくべき。
行政書士事務所の電話
顧客との通信手段で最も重要なツールは言うまでもなく「電話」です。 特に、事務員がいない個人の行政書士事務所の場合はとりわけ電話が重要です。 しかし、この最重要のツールである「電話」をうまく利用できていない行政書士(というよりも士業全般)が以外に多いようです。 顧客にとっての利便性を最大限に高めた「電話の環境設定」をすることで集客力をアップさせましょう。
集客できる行政書士事務所のホームページ
現代の士業にとって事務所のホームページは必須の営業ツールです。 ホームページを作らずして新人行政書士が成功することなどありえません。 対面の営業活動を無駄にしないためにも、そして、ネットからの自動集客のためにも 事務所開業前からコツコツとホームページを作り込んでいきましょう。
集客できる行政書士の名刺
名刺を使っての営業戦略は侮れません。工夫次第で新人行政書士でも短期間で人脈を作り、顧客を獲得することが可能となります。ポイントは、相手によって渡す名刺を変えること。属性に合わせた業務別名刺を作成し、相手を見ながら名刺を配っていきましょう。
「行政書士登録申請までの準備」のまとめ
登録申請までにしなければならない開業準備はたくさんある。この準備ができなければすぐに廃業することになる。実際、開業後1年以内に廃業する新人行政書士は少なくない。やるべき準備を把握して計画的に迅速に実行しましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務