実務の勉強

実務の勉強

 

 

行政書士試験の内容と行政書士の実務の内容はかけ離れていますし、
行政書士会の新人研修も十分ではありません。

 

新人行政書士は開業の前後に自分で実務の勉強をしなければならないのです。

 

4 実務の勉強記事一覧

新人行政書士の実務の覚え方

行政書士事務所を開業するまでに、問い合わせの電話に的確に対応できるスキルを身につけましょう。ここで知識不足を露呈するようでは、仕事は獲得できません。

≫続きを読む

 

行政書士の職域(業務範囲)

開業までに行政書士法をしっかり勉強して行政書士の職域を理解しましょう。他士業の縄張りを荒らしてしまうと逮捕されることもありますよ。

≫続きを読む

 

建設業許可申請業務

建設業許可申請は行政書士の定番業務です。ニーズが多く、継続的に仕事が発生します。新人行政書士はまずこの業務をしっかりと勉強すべきです。

≫続きを読む

 

「実務の勉強」のまとめ

1 行政書士事務所開業までに相談者からの問い合わせに的確に対応できるスキルを身につける。  これができなければ仕事を獲得することはできない。2 補助者として雇われても行政書士のスキルは身につかない。  予備校の実務講座を受講するのが一番手っ取り早い。3 知識はどれだけ売っても減ることはない  最高品...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務