行政書士事務所開業で成功するために

建設業許可申請業務

 

 

建設業許可申請は行政書士の定番業務です。

 

ニーズが多く、継続的に仕事が発生します。

 

新人行政書士はまずこの業務をしっかりと勉強すべきです。

 

建設業許可申請業務記事一覧

建設業許可申請業務のススメ

まとめ行政書士業務の定番と言えばやはり「建設業許可申請」です。多くの行政書士がこの業務を柱にしています。その理由は継続性≠ノあります。行政書士が手掛ける業務のほとんどが単発≠ナ終わる業務です。契約書、内容証明、遺言書、離婚協議書の作成、などなど一度で業務が完了してしまい、その業務に関してリピート...

≫続きを読む

 

建設業許可申請業務の流れ(手続の全体像)

まとめまずは、建設業許可申請業務の全体像をざっくりとまとめてみました。大雑把な流れは以下の通りです。この業務を勉強する際、そして実際に業務を遂行する際には常にこの全体像を意識して、今どこをやっているのかを見失わないようにしてください。(1) 依頼者と相談(打ち合わせ)     * ヒアリングシート等...

≫続きを読む

 

建設業許可の必要性の判断

【目次】許可が必要な場合許可が不要な場合は?まとめ建設業許可申請の相談を受けた場合に、最初に判断しなければいけないのが建設業許可の必要性です。まずは手続全体の中の位置づけを確認しましょう。発注者保護の観点から、建築業を営むためには、原則として国や都道府県から許可を受けなければならないことになっていま...

≫続きを読む

 

建設業の種類の選択(28の業種区分)

まとめ建設業許可が必要と判断された場合、次のステップとしてどの種類の建設業を選ぶかを検討しなければいけません。まずは、手続全体における位置づけを確認しましょう。許可の対象となる建設業の区分は建築業法第2条第1項別表1条欄に定められています。  この表です    ↓2つの一式工事と26の専門工事があり...

≫続きを読む

 

建設業許可の該当性判断(許可の種類)

まとめステップAにおいて「建設業」の業種を選択しましたら、次のステップは、どの「許可」に該当するかについての判断となります。まずは、手続全体における位置付けを確認しましょう。「許可」の分類は以下の通りです。1「国土交通大臣許可」か「知事許可」か2「特定建設業許可」か「一般建設業許可」か3「法人の許可...

≫続きを読む

 

「国土交通大臣許可」と「知事許可」(許可区分)

まとめそれでは、「許可」の分類の第一段階、すなわち「国土交通大臣許可」と「知事許可」の区別について説明していきます。では、「国土交通大臣許可」と「知事許可」の定義から確認しましょう。建設業法第3条第1項に定められています。簡単にまとめましょう。「国土交通大臣許可」とは、二つ以上の都道府県の区域内に営...

≫続きを読む

 

「特定建設業許可」と「一般建設業許可」の区別

【目次】「特定建設業許可」と「一般建設業許可」の定義・区別基準特定建設業許可制度の趣旨その他の注意点まとめ続きまして、「特定建設業許可」と「一般建設業許可」を説明します。今から、どこをやるかわかってますよね?「特定建設業許可」と「一般建設業許可」の定義・区別基準「特定建設業許可」(建築業法第15条以...

≫続きを読む

 

「法人の許可」と「個人の許可」

まとめ続いて、「法人の許可」と「個人の許可」について説明します。建設業許可は「法人」でも「個人」でも受けることができます。「個人」とは個人事業主のことです。例えば、親方である大工さんと奥さんの二人だけで経営しているような小さな業者などをイメージしてもらえれば良いです。個人で経営している行政書士事務所...

≫続きを読む

 

「新規の許可」「許可の更新」「業種の追加許可」の区別

【目次】「新規の許可」について「許可の更新」について「業種の追加許可」についてまとめ「建設業許可」は、さらに「新規の許可」「許可の更新」「業種の追加許可」に分かれます。定義を確認しましょう。「新規の許可」とは、  現在、有効な建設業許可を受けていない個人又は法人が受ける許可です。「許可の更新」とは、...

≫続きを読む

 

建設業許可の五大要件

まとめステップABにおいて、どの種類の建設業を選ぶかが決まったら、次のステップとして、その種類の建設業許可の要件を満たしているかの検討に入ることになります。まずは、手続全体における位置付けを確認しましょう。既に述べていますが、要件は建設業法第7条、第8条、第15条)@ 経営業務管理責任者がいることA...

≫続きを読む

 

経営業務管理責任者(ケイカン)

【目次】「経営業務管理責任者」と認められるための条件専任技術者との兼任まとめそれでは、建設業許可の五大要件の一つである「経営業務管理責任者」について説明していきましょう。「経営業務管理責任者」と認められるための条件建設業許可を受けるためには、まず主たる営業所に「経営業務管理責任者」がいなければいけま...

≫続きを読む

 

専任技術者(センギ)

【目次】一般建設業許可の場合(建設業法第7条第2号)特定建設業許可の場合(建設業法第15条第2号)その他の注意点「専任技術者」の確認書類まとめ続きまして、建設業許可の2番目の法定要件である「専任技術者」(建設業法第7条第2号、同法15条第2号)について説明していきます。「専任技術者」とは、簡単に言う...

≫続きを読む

 

請負契約に関する誠実性

まとめ続きまして、建設業許可の3番目の法定要件である「請負契約に関して誠実性があること」(建設業法第7条第3号)について説明していきます。なお、「誠実性」とは簡略化した言い方で、条文上の正確な表現は「不正又は不誠実な行為をするおそれが明らかな者でないこと」(建設業法第7条第3号)です。では、条文を見...

≫続きを読む

 

請負契約を履行するに足りる財産的基礎または金銭的信用性

【目次】一般建設業許可の場合(建設業法第7条第4号)特定建設業許可の場合作成、提出を要する書類まとめ続きまして、建設業許可の4番目の法定要件である「請負契約を履行するに足りる財産的基礎または金銭的信用性を有していること」(建設業法第7条第4号、同法15条第3号)について説明していきます。では、条文を...

≫続きを読む

 

建設業許可の欠格要件

【目次】許可を受けようとする者の欠格事由提出書類の欠格事由欠格事由に関する注意点まとめ続きまして、建設業許可の5番目の法定要件である「欠格要件に該当しないこと」(建設業法第8条、同法第17条)について説明していきます。請負契約を履行するための専門的技術、資金力等が十分に認められる業者であっても、他人...

≫続きを読む

 

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務