行政書士開業ブログ@(ブログ名、ドメイン名の決定)

ブログ開設@(ブログ名、ドメイン名の決定)


【目次】

 

 

ブログ開設に当たり、最初にやるべきことはブログ名ドメイン名の決定です。

 

以下、順番にお話ししていきます。

 

 

 

行政書士ブログのブログ名

 

 

基本となるホームページでは事務所名をそのままサイト名に使いました。
そこで、ブログでは違う名前を使います。

 

 

どういったブログ名にするかはもちろん各自で決めてもらうのですが、
しかしブログ名には必ず入れるべき要素があります。

 

 

それは、あなたの行政書士事務所の「営業エリア名」。

 

 

例えば、あなたが名古屋を営業エリアとするのであれば、
ブログ名にも「名古屋」というワードを入れてください。

 

その理由は言うまでもないでしょう。
名古屋の行政書士を探している見込み客からのアクセスを呼び込むためです。

 

 

それからもちろん「行政書士」というワードも入れます。

 

 

なお、取扱業務名は入れません
ホームページと違って、更新をし続けるブログでは業務特化型ブログは作りません。
現実的に考えて複数のブログを更新し続けるのは無理ですから。
つまり、行政書士ブログでは全ての取扱業務を記事にしていきます。
なので、ブログタイトルには業務名は入れないのです。

 

 

 

結論として、「営業エリア名」と「行政書士」というふたつのワード。
これらをブログ名に入れます。

 

 

そして、それぞれのワードのSEO力をできるだけ高めるために、
他の要素はなるべく少なくしてください。
理由は、タイトルに含まれるキーワードが増えれば増えるほど、
それぞれのワードが持つSEO力が減ってしまう(分散される)からです。

 

  *さらに言うと、記事タイトルとブログ名を併せて32文字を超えてしまうと、
    33文字目からのワードは検索エンジンに表示されなくなります。
    そして、表示されない部分はSEOの効果がほとんど生じなくなるのです。
    この点も注意しておいてください。

 

 

 

ただし、そうはいっても出来るだけオリジナリティーのあるブログ名にしてください。

 

「営業エリア」と「行政書士」を使え、と言うと
「名古屋で働く行政書士のブログ」みたいな、ありふれたブログ名になりがちですが、
これではネット検索者の目を引きません。
つまりクリックされにくいのです。

 

なので、少しはひねってください。

 

 

 

「では例えばどんなブログ名がいいのですか?」

 

 

といった声が聞こえてきそうですが、
ここで具体例を挙げてしまうと、それに似た名前のブログが大量に生まれてしまいそうなので、
やめておきます。

 

ご自身で、がんばって考えてください。

 

 

 

 

ポイントを繰り返しますが、

 

@ 「営業エリア名」と「行政書士」というワードを入れる

 

A できるだけブログ名は短くする

 

B それでいて差別化を図れるインパクトの強い名前にする

 

です。

 

 

 

ドメイン名(ブログのURL)

 

 

続いて、ブログのドメイン名(URL)を決めます。
基本的には「ホームページのURLの決め方」と同様です。

 

ただ、行政書士ブログは「情報サイト」でもあるので、
「.com」「.biz」のみならず、「.net」「.info」でも良いと思います。

 

なお、URLも長すぎると良くないので、
重要なキーワードを一つ選び、そのワードのローマ字表記をドメイン名に使うと良いでしょう。
例えば「自分のフルネーム(ローマ字表記)+.net」など。

 

 

 

なお、ホームページと同様に無料ドメインはダメです。
ビジネスで使うものではありません。

 

ところが、
現状では「アメーバブログ(アメブロ)」を使った行政書士ブログが大量に存在します。
これは、おそらく「アメブロ」の知名度と芸能人等の著名人の多くがアメブロを使っていることが主たる理由だと思います。

 

でも、行政書士が芸能人のマネをしてはダメですよ。

 

 

 

アメブロは確かに他のブログにはない優れた機能を持つブログです。
何が優れているのかというと、
それは「ペタ」「アメンバー」「メッセージ」といったSNS的な機能を有する点です。
このSNS的機能を駆使することでアメブロユーザーとの繋がりを爆発的に広げ、
そこから大量にアクセスを呼び込むことが可能となるのです。

 

芸能人は、アメブロのSNS的機能を使って大量のファンを囲い込んでいます。
一般人でも、例えばママ友だとかジャニーズファンだとかがネット上でつながるツールとして
アメブロが有効に使われています。

 

つまり、アメブロは同じ属性の繋がりを広げるにはうってつけのブログサービスなのです。

 

 

 

 

では、行政書士の場合はどうでしょう?

 

 

 

行政書士ブログの目的とターゲット層」のページで確認したように、
行政書士がブログをする目的は新規客を呼び込むためです。

 

 

では、行政書士を探している新規客はどうやって行政書士にアクセスするでしょうか?
アメブロを開設して行政書士のブログとの繋がりを作ろうとするでしょうか?
そんなこと、するわけありませんよね。

 

 

行政書士を探している人は、行政書士の業務で解決しうる何らかの問題を抱えている人達です。
その人達は、自分が抱えている問題を解決するために、
検索エンジンにキーワードを打ち込みます。
例えば「美容院開業 名古屋 行政書士」といった複合キーワードで。

 

そして、この検索結果で上位表示されている行政書士のサイト(ホームページ、ブログ)を
上から順に見ていって信頼できそうな行政書士を選ぶのです。

 

 

このように検索エンジン経由で行政書士を探している見込み客をブログに呼び込むためには、
検索エンジンで上位表示されやすいブログを作らなければならないのです。

 

つまり、独自ドメインで育て上げたブログです。

 

このことはホームページ作成の章(「ホームページのURLの決め方」)でお話ししましたが、
ブログでも同じなのです。

 

 

 

アメブロで行政書士ブログを更新している方々。
もう薄々感じているはずです。

 

「ブログでは集客できない」と。

 

 

でも、それは少し違います。

 

 

「ブログでは集客できない」のではなく、
行政書士アメブロでは集客できない」のです。

 

 

ビジネスでブログをする以上、
ドメインの価値を独占できる独自ドメインでブログを開設してください。

 

では、次のページで、ブログソフトウェアのインストール方法などの
ブログ開設手順について説明します。

 

 

 

まとめ

 

 

ブログ名について

 

  1. 「営業エリア名」と「行政書士」というワードを入れる
  2. できるだけブログ名は短くする
  3. それでいて差別化を図れるインパクトの強い名前にする

 

 

ドメインについて

 

  1. 末尾のドメインは「.com」「.biz」「.net」「.info」の中から選ぶ
  2. 先頭には、氏名等重要なワードを一つだけ選び、そのローマ字表記を入れる

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ブログをやらない士業は稼げない
サイトの検索順位はコンテンツの質と数で決まる。しかしホームページの記事更新には限界がある。そこでブログで大量に記事を更新し強力な集客媒体に育て、そのブログから事務所ホームページにリンクを送る。集客力が飛躍し売り上げが増大する。
行政書士ブログの目的とターゲット層
行政書士の業務はほぼ単発系なので、常に新規客を獲得し続けなければいけません。ブログを書く目的も新規客の獲得です。なおリピーター確保は、顧客に葉書を送る等、行政書士の側からのアクセスが必要です。
新人行政書士が新規客を呼び込むブログ作成法
新人行政書士は基本業務を勉強し、理解できた範囲でブログ記事にまとめましょう。記事を書くことで理解が深まります。と同時に記事のアップが営業活動になります。ブログを書くことは新人行政書士がスキルを高めるための最も効果的な作業なのです。
アクセスを大量に集める行政書士ブログの育て方
アクセスを呼べる検索ワードは客観的に予測できる。だが、合理的判断でブログを更新している行政書士や他士業は少ない。ネット戦略を学べば新人行政書士でも十分に勝てる。正しいやり方でブログを育てネット集客で稼ぎましょう。
行政書士ブログ開設A(ブログソフトウェア、テンプレート等)
行政書士がネット上で集客するために検索エンジンで上位表示されるブログを作成する必要があります。そのためにワードプレスというブログソフトウェアに賢威テンプレートを適用し、パーマリンクの設定で動的サイトを疑似的に静的化します。
行政書士ブログ開設B(テンプレート設置、記事のアップ方法)
集客できる行政書士ブログを育てる前提としてワードプレス設定とテンプレート適用を最適化します。その上で見込み客が検索サイトに打ち込むキーワードを盛り込んだ記事を作成します。やがてリンクを送った事務所ホームページに見込客が流れ始めます。
行政書士ブログの禁止事項
行政書士ブログにはNG事項があります。顧客の事を書くと顧客に嫌われます。異なる属性を呼び込むとGoogleに嫌われます。日記的なブログではアクセスが来ません。新人であることをアピールすると仕事が来ません。記事作成に時間をかけると更新できません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務