さあ!あなたの行政書士事務所ホームページを公開しよう!

さあ!あなたの行政書士事務所ホームページを公開しよう!


【目次】

 

 

 

 

レンタルサーバーの契約と、ホームページのURL(独自ドメイン)の取得はできましたか?
まだの人は「事務所ホームページ開設の具体的手順」のページを参照して、
取得を済ませてください。

 

 

 

それでは、さっそく、「SIRIUS」を使って、
行政書士事務所のホームページを作成していきましょう。

 

 

コンテンツはすでに一つ出来上がっているはずです。

 

そうです。
新人行政書士でも作れるホームページのコンテンツ」のページで作ってもらった
あなたの「自己紹介」です。

 

新人行政書士がアピールできるとしたら、ここしかありません。
しかし、この自己紹介で、あなたの行政書士事務所開業にかける情熱を伝えることができたら、
そこから道が開けてくるはずです。

 

 

 

情熱は人の心を動かす

 

 

 

ブライダル業界で成功したある有名な若手実業家の言葉です。
この言葉は、不変の真理だと、私は思っています。

 

 

では、「SIRIUS」の初心者モードを起動してください。
付属の「初心者モードマニュアル」を見ながらやれば、できます。
慣れていないと、面倒な作業だとは思いますが、
ひとつひとつ確認しながら進めていけば大丈夫です。

 

 

1 サイトの全体設定

 

まず、マニュアル「サイト作成の流れ」の「1サイトの全体設定」を進めていきます。

 

 

「サイト名」

 

「サイト名」は、あなたの事務所の名前をそのまま使うことを奨励します。
つまり「行政書士○○○○事務所」です。

 

 

「サイト説明文」

 

「サイト説明文」も重要です。
ここはSEOにとって、とても意味があります。

 

行政書士を探しているユーザーが検索しそうなキーワードを盛り込みながら
説明文を書いてください。

 

必ず書かなければいけないのは、あなたの営業エリア(ex.名古屋)。
それから、あなたが取り扱う予定の基本業務(ex.相続)。
業務特化型サイトではないので、複数の業務をキーワードに使ってOKです。

 

キーワードを盛り込みながらも、不自然な文章にならないように書きあげてください。

 

 

「H1テキスト」

 

「H1テキスト」も重要です。
ここも、営業エリアをキーワードとして使うことを奨励します。

 

 

「テンプレート」

 

次に「テンプレート」を選びます。
ご自身の事務所のイメージに合ったテンプレート、色を選択してください。

 

「デフォルトタイプ」が無難かとは思いますが、
女性の行政書士ならば「角丸テンプレート」も有りでしょう。
「ビジネスタイプ」はちょっと扱いが難しいです。自信のある方のみどうぞ。

 

 * なお、サンプルサイトは「デフォルトタイプ」、当サイトは「ビジネスタイプ」です。

 

 

 

続いて、「ヘッダー画像」を選択します。
先程選んだテンプレートに合った色、ご自身の事務所のイメージに合ったデザインを
選んでください。

 

 * なお、最初の設定では、ヘッダー画像に「事務所名」は表示されません。
   次の頁で、ヘッダー画像に事務所名が表示される方法を説明します。

 

 * また、ヘッダー画像は自分が用意した画像を使うこともできます。
   やり方は「SIRIUSユーザーズページ」(→「マニュアル」→「各機能の操作方法」→
   「画像の編集を行う」→「ヘッダー画像を作成する」)に書いてあります。
   慣れてきたら挑戦してみましょう!

 

 

「アクセス解析」

 

「アクセス解析」は必須です。
絶対に導入してください。
アクセス解析の結果を分析せずして、効果的な営業などできません。
絶対に。

 

 

こういった簡単にできる作業すらしないで
「行政書士は食えない」などと言っている人がいますが、
はっきりいって自分の努力が足りないだけなのです。

 

 

ホームページ開設後、3カ月位はほとんどアクセスなど来ませんが、
4ヶ月目くらいから少しずつアクセスが増え始めます。
(増えなければ、コンテンツの質、ボリュームを改善してください)
そして、アクセスが集まり始めたら、
どういった複合キーワードで検索されているかをチェックするのです。

 

 

アクセスを呼べる複合キーワードはお金が成る木≠ナす(言葉は不適切かもしれませんが)。
そこで、今度は、その「アクセスを呼べる複合キーワード」を使って、
業務・地域特化型ホームページを作ったり、
ブログの記事を更新するなどして、
さらにアクセスを爆発的に集めていきます。

 

 

お金が成る木≠どんどん育てていくのです。

 

 

これで、集客力が飛躍的にアップします。

 

 

 

なお、アクセス解析にも様々なサービスがありますが、
エックスサーバーと契約していれば、付属のアクセス解析を利用できます。
追加料金はなく、他のアクセス解析と比較しても高性能です。
わざわざ有料のアクセス解析を用いる必要はありません。

 

     * 他に無料のアクセス解析もありますが、
      そのほとんどがサイトに広告を表示させるので、やめておきましょう。
      特にスマホサイトに出る広告はかなり鬱陶しいので、ユーザー離れにつながります。

 

 

 

設置方法を説明します。

 

エックスサーバーの「サーバーパネル」にログイン
(*ログイン方法は「事務所ホームページ開設の具体的手順」の頁を参照)
    ↓
現在の設定対象のドメインを事務所ホームページのドメインにする
    ↓
「アクセス解析」をクリック
    ↓
「アクセス解析の追加」をクリック
    ↓
  設定完了
    ↓
「アクセス解析の一覧」をクリック
    ↓
「閲覧」をクリックすると、アクセス解析の結果を見ることができます。
(設置後6時間経過してから)

 

 

 

以上で、「サイトの全体設定」は完了です。

 

 

2 トップページの記事の編集

 

 

次に、マニュアルの「2トップページの記事の編集」を読みながら、
「自己紹介」の記事でトップページを作ります。

 

 

「記事タイトル」

 

記事タイトルもSEO上重要ではありますが、
「自己紹介」なので、特定のキーワードを盛り込むのは不自然になります。

 

ですので、
「事務所代表○○○○(氏名)のプロフィール」などといった
無難なタイトルにしましょう。

 

 

「記事」

 

次に、トップページの記事として
すでに完成しているはずの「自己紹介」を入力します。

 

自己紹介の内容はもう十分に推敲されているでしょうから、そのままで良いのですが、
ここでは、ホームページを訪れたユーザーが見やすいようにレイアウトされているかを
チェックしましょう。

 

プレビュー画面で確認してください。

 

文章が密集していてゴチャゴチャしていたら、読む側は疲れてしまいます。
適度に行間をあけるなどして、ユーザーが見やすいように配慮してください。

 

 

また、記事の冒頭に
事務所の代表者氏名、事務所の住所、電話番号、FAX番号
それから、開業予定日を明記しておいてください。
開業予定日(登録予定日)が不明であれば、大体の時期で構いません。

 

 

なお、メールアドレスは公開してはいけません
メアド回収ロボットに捕まって、スパムメールの餌食になります。
「@」を「★」等に変えて記載しても捕まります。
スパムメールが送られ始めたら、そのメールアドレスはとても業務には使えません。
重要な顧客からのメールが大量のゴミの中に埋もれてしまうからです。
ですから、代わりに「お問い合わせフォーム」を設置しましょう。
設置の仕方は「お問い合わせフォームの作り方」にて。

 

 

 

「顔写真」

 

さらに、とても重要な作業があります。

 

トップページ記事の最初の方に、必ず
あなたの「顔写真」を入れてください。

 

必ず。

 

 

 

とても大切なことなので
もう一度、言います。

 

 

 

あなたの「顔写真」を
アップしてください

 

 

 

恥ずかしい、とか

 

怖い、とか

 

言っている場合ではありません。

 

 

あなたは起業するのです。
商品は、あなた自身なのです。
その上、あなたは新人なのです。
誰も、行政書士であるあなたのことなど知らないのです。

 

 

新人行政書士が、顔も出さずにネット上で営業するなど
本気で成功する気だとは思えません。

 

 

自己紹介で、いくら熱いメッセージが書いてあっても、
取扱業務のコンテンツが、いくらわかりやすくても、
それを書いている人の顔がわからなければ、
伝わらない≠フです。

 

 

どんな顔だって良いんです。
広告チラシを見るときだって、
テレビを見るときだって、
ホームページを見るときだって
人は「人の顔」に反応するのです。

 

無意識のうちに、人の顔が映っている部分に目がいってしまうのです。
そういう風に出来ているのです。

 

 

なので、必ず、トップページに
「あなたの顔写真」を載せてください。

 

それも、画面をスクロールしないで見える位置(ファーストビュー)に、です。

 

 

なお、「どんな顔でも良い」とは言いましたが、
できるだけ好印象を与える顔写真を選びましょう。
清潔感のあるスーツ姿で
自然な感じの笑顔であれば良いと思います。

 

私などは、
最初にホームページにアップする顔写真を作るために、
軽く100枚は超えるほどの数のデジタル写真を撮影しました。
そして、その中から最高傑作≠選びました。
(人が見たら、「他の写真とどこが違うんだ?」と思われるかも知れませんが・・・)

 

なお、登録前なのでバッジのない写真になってしまいます。
登録後には、バッジをつけた顔写真を改めてアップしましょう。
このとき、登録番号も掲載することになります。

 

 

  *写真画像のアップの仕方

 

    前提として、デジカメで撮影した顔写真をパソコンに取り入れておく。
        ↓
    「SIRIUS」の「トップページの記事編集」画面の中の
    「記事タイトル」の下の「記事画像」の右横の四角いマークをクリック
        ↓
    「画面管理」の左上の「新規追加」をクリック
        ↓
    パソコンの中に保存している「顔写真」を選択
        ↓
    「画像位置」で表示させる位置を決定

 

    以上の手順は「初心者モードマニュアル」に詳しく記載されています。

 

 

3 エントリーページの追加

 

続いて、エントリーページ(個別ページ)の作成について説明します。

 

    *  なお、エントリーページは後回しでもいいです。
       トップページだけでも早くアップロードしておいた方が、
       事務所ホームページの存在をGoogleに発見してもらう時期が早くなりますので。

 

 

エントリーページには、「取扱業務」等のコンテンツを書いていくのですが、
ある程度のページ数(30ページ以上が望ましい)を書いていくことになるので、
あらかじめカテゴリーを作っておくことをお薦めします(通常モードでの作成になります)。

 

 

 

例えば、ですが

 

 

(カテゴリーページ)   (エントリーページ)

 

               1 事務所概要

 

 2 業務内容        2−1 各種許認可
               2−2 車庫証明、自動車登録
               2−3 会社設立
               2−4 遺言書作成
               2−5 〜

 

               3 お問い合わせ

 

 

といった感じです。

 

 

なお、カテゴリーページの作成方法は
「SIRIUSユーザーズページ」
→「マニュアル」
→「サイト作成の流れ」
→「カテゴリー/エントリーページを追加する」の項で詳しく解説されています。

 

 

そして、上記の例で言えば、
「1事務所概要」「2業務内容」「3お問い合わせ」を
「グローバルメニュー」(サイト上部にある横並びのメニュー)に記載すると良いでしょう。

 

 

    * 「グローバルメニュー」の作り方

 

       通常モードの「編集」
       →「メニューの編集」
       →「新規追加」をクリック
       →「テキスト」にメニュー名(ex.業務内容)を記載
       →「リンク先URL」に当該ページのURLを記載

 

 

 

また、「事務所概要」には
事務所の住所、電話番号、FAX番号、営業時間等を記載するのですが
(メールアドレスは載せない)、
加えて、「Googleマップ」で事務所の位置を掲載すると、なお良いです。

 

    * 「Googleマップ」の掲載の仕方

 

      「Googleマップ」にアクセス
      →事務所の住所を入力して検索
      →事務所所在地のマップ画面が出る
      →画面左側の「共有」ボタンをクリック
      →「地図を埋め込む」を選択
      →「HTMLをコピー」をクリック
      →コピーした「HTMLコード」をSIRIUS記事本文の好きなところに貼りつける
      →貼り付けた「HTMLコード」を選択して右クリック
      →「パーツ挿入」をクリック
      →「Youtube、Googleマップのタグ」をクリック
        これでOK!

 

 

     サンプルとして、名古屋の法務局所在地のマップを掲載します。

 

 

     

 

 

 

     なお、「Googleマップ」の仕様変更により、上記手順も変わる場合があります。

 

 

 

4 サイトの生成を行う

 

マニュアルの指示通りに進めてもらえれば、簡単にできるはずです。

 

 

5 アップロードを行う

 

ここもマニュアルの指示通りに進めてもらえればいいのですが、
一つだけ注意点があります。

 

5−2の「アップロードを行う」の
1「アップロード先となるフォルダを開く」の手順です。

 

マニュアルに書いてあるように、
サーバー毎にアップロード先のファイルが異なります。

 

そして、エックスサーバーの場合のアップロード先のファイルは
/ドメイン名/public_html/」です。

 

以下のページで確認できます
 →「エックスサーバー」のサイトにアクセス
 →「サポート」
 →「よくある質問」
 →「サーバーサービスについて」
 →「ファイル転送(FTP)」
 →「設定方法」
 →「ホームページのファイルはどこへアップロードすればいいですか?」

 

 

 

 

 

アップロードできましたか?
それでは「サイト確認」をしてみましょう。

 

どうですか?
プレビュー通りにホームページがアップされていますか?

 

 

 

できていたら大成功!

 

これで、あなたの行政書士事務所のホームページ運営が始まりました!!

 

 

 

 

なお、「新人行政書士」を卒業して、ある程度の自信がついてきたら、
トップページには、「自己紹介」に「実績」を盛り込むなどして、
内容を更新することを考えてください。
もちろん「業務内容」のコンテンツも充実させていきます。

 

まだ先の話しになるとは思いますが、
「行政書士」としてあなたが成長したのであれば、
あなたの「ホームページ」も成長させましょう!

 

 

 

 

まとめ

 

 

1 サイトの全体設定を行う

 

   「サイト名」→事務所の名称
   「サイト説明文」→キーワードを使う(営業エリア、取扱業務)
   「H1テキスト」→キーワードを使う(営業エリア)
   「テンプレート」→自分のイメージにあったものを選ぶ
   「アクセス解析」→必須(アクセスを呼べるキーワードを見つけて、集客につなげる)

 

2 トップページの記事の編集

 

   「記事タイトル」→自己紹介なので、無難なタイトルを使う
   「記事」→自己紹介を入力。レイアウトに気を配る。顔写真は必須

 

3 エントリーページの追加

 

   「記事」→取扱業務等に関するコンテンツを書く。後回しでも良い

 

4 サイトの生成を行う

 

5 アップロードを行う

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ホームページは行政書士必須の営業ツール!!
人≠売る行政書士の営業の基本はフェイス トゥ フェイス しかし、対面の営業で覚えてもらっても、事務所のホームページがなければ次につながりません。 信頼されないのです。 一生懸命、アナログ営業をしても、ホームページがなければ無駄になってしまうのです。 時間がある開業前に、あなたの事務所のホームページを作成しましょう。
新人行政書士でも作れるホームページのコンテンツ
新人行政書士は「プロフィール」を熱く書きましょう。 新人には実績≠ェありません。 しかし、情熱≠ヘあるはずです。 「プロフィール」を通じて、行政書士事務所開業にかけるあなたの情熱を ユーザーの心にしっかり届くように、熱く語ってください。 開業したての行政書士のホームページに訪れる人なんて あなたに実際に会って、あなたに興味を持った人だけです。 その人達をがっかりさせてはいけません。 とにかく熱く′黷チてください。
士業ホームページを成長させよう!!
開業後、業務を経験し、行政書士としての自分のスキルが上ってきたら 事務所ホームページのコンテンツも充実させましょう。 実務を経験することによって、自ずと魅力あるコンテンツを作成できるようになります。 そして、ホームページのコンテンツを充実させることにより それを読んだ「人」が「行政書士」としてのあなたを選ぶようになり それを読んだ「Google」があなたの事務所の「ホームページ」を選ぶようになります。
行政書士事務所ホームページ開設の具体的手順
行政書士事務所開業にあたって事務所のホームページを開設することは必須です。 しかも、自分で作成しなければいけません。 ホームページ作成会社に依頼しても失敗することがほとんどなのです。 ホームページ作成スキルを身につけて、自動で集客してくれる優秀な営業マンを何人も育てましょう!
ドメイン名(事務所ホームページURL)の決め方
ビジネス用ホームページを開設するなら、独自ドメインしかありません。 他社のドメインに従属しているURLを使ってもSEOに強いサイトには育たないのです。 あなたがどんなにがんばっても。 本気で行政書士事務所を経営するつもりなら独自ドメインをつかったURLにしましょう。 そして、ドメインは早い者勝ちです。すぐに行動しましょう。
ホームページ作成で選ぶべきレンタルサーバー
行政書士事務所のホームページ運営、ネット営業を前提とするならば レンタルサーバーは「エックスサーバー」の「X10」プランが最適です。 行政書士のネット営業を展開する上で、十分な容量、性能を備えており、 また、サイト作成初心者へのサポートも手厚いので、申し分ありません。 月額料金も安く、現状では最強ののサーバーだと思います。
事務所のホームページ作成で選ぶべき作成ソフト
行政書士事務所用のホームページ作成ソフトは「SIRIUS」に限る。 作成スピードが圧倒的に早く、しかもSEOに強い。 さらに「上位版」を使えば、携帯サイト、スマートフォンサイトも自動で作成される。 スマートフォン経由の顧客を取りこぼさないためにも「SIRIUS」の上位版を使うべき。
WEB制作会社にサイト作成を依頼するリスク
WEB制作会社に事務所のホームページ作成を依頼すると大きなリスクを負うことになります。高い固定費用を支払い続けるという金銭的リスクだけではなく、Googleのペナルティーを受けるようなホームページが出来上がるリスクがあるのです。 集客できる(SEOに強い)ホームページを持ちたいのであれば、自分でホームページ作成のスキルを身につけましょう。
ヘッダー画像に事務所名を入れよう!
ヘッダー画像はホームページの顔です。訪問者にわかりやすいように、ヘッダー画像には事務所名のみならず、代表者である行政書士の名前、事務所の住所、電話番号、FAX番号が表示されるように設定しましょう。
「お問い合わせフォーム」の作り方
「お問い合わせ」にメールで回答することは極めて重要です。電話でなくメールを使ってアクセスする客は、すぐに仕事を依頼することはありません。なので、多くの行政書士は丁寧な回答をしないのです。だからこそ、「お問い合わせ」に熱心に回答することで、この層の客を獲得することが可能となります。しっかり活用しましょう。
エックスサーバーのメールフォームをSIRIUSサイトに設置する方法
エックスサーバーのCGIツールを使えば無料のメールフォーム(お問い合わせフォーム)をSIRIUSサイトに設置できます。その手順を詳しく解説します。
外出先でメールをチェック!
事務所ホームページの「お問い合わせ」にメールを送ってくる見込み客は迅速なレスポンスを期待しています。返信が遅れると、他のライバル行政書士に仕事を取られてしまいます。どこにいてもスマートフォンでメールを閲覧できる体制を整えておきましょう。
事務所ホームページをカスタマイズしよう!
SIRIUSは初心者でも高品質のホームページをさくせいできるソフトです。各種機能を駆使してカスタマイズを進め、訪問者にとって使いやすいサイトに、そして、他の行政書士事務所のホームページとの差別化ができるサイトに成長させましょう。
【まとめ】SIRIUSで作ったホームページをSSL化(http→https)する手順
サイト離脱、順位減少のリスクをなくすためにホームページをSSK化しましょう。エックスサーバー+SIRIUSサイトのSSL化の手順をまとめました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務