ホームページ作成で選ぶべきレンタルサーバー

行政書士事務所のホームページ作成で選ぶべきレンタルサーバー


【目次】

 

 

「エックスサーバー」を選ぼう

 

 

ホームページの情報を保管する「レンタルサーバー」については
事務所ホームページ開設の具体的手順」でお話ししましたように
「エックスサーバー」を選ぶべきです。

 

 

理由は

 

 

@ サイト作成の初心者が使うサーバーとして、最も安全であり

 

A「行政書士事務所」のホームページ運営を前提とした場合に、十分な容量、性能を備えており、

 

B そして、上記の条件を満たすサーバーとして最も低価格で利用できること

 

 

です。

 

 

もう少し、説明します。

 

 

サーバーの安定性・安全性

 

 

エックスサーバーよりも利用料金が安いサーバーはあります。
しかし、安い半面、サーバーが重く、すぐにダウンする傾向があります。
趣味のサイトで使うのであれば、それでも良いのでしょうが、
ビジネスで利用する以上、サーバーの安定性は譲れないところです。
その点、232Gの高速バックボーンを備えるエックスサーバーには
ダウンする危険はほぼなく、安心して利用できます。

 

 

サーバーの容量

 

 

安いサーバーを利用して、サイトを更新し続けていると、
容量不足でアップロードできなくなってしまうことがあります。

 

行政書士事務所の運営でも、
メインのホームページの他に、
地域・業務特化型ホームページを開設すべきですし、
またブログも運営して、幅広く集客ラインを拡大していかなければいけません。

 

そういったネット営業を展開していくためには、
それに耐えうるだけの容量を持ったサーバーを選らばなければいけないのです。

 

この点、エックスサーバーの「X10」プランであれば50GBも容量がありますので
行政書士事務所用のホームページのサーバーとして、十分に使えます。

 

「X10」プランは、エックスサーバーの中で一番安いプランですが、
これで足りなくなることはまずありません。
毎日、何年もブログを更新したって大丈夫です。
仮に、足りなくなるとすれば、それは「動画配信」などを始めた場合ですが
そのような時には、途中からプランを変更すれば対応できるので、なんら問題はありません。

 

 

サポート体制

 

 

初めてサイトを作成する初心者は、とにかく、いたるところでつまずきます。
要はやり方を知らないだけで、難問にぶち当たっているわけではないのですが、
(後から振り返ると、なんや〜っていう程度のことなのですが)
慣れていないと、スムーズにいかないものなのです。

 

そういうときには、サーバー会社からのサポートを受けるのが一番です。
この点、エックスサーバーはメールサポートだけでなく、
電話サポートまでしてくれます。
(電話サポートをしてくれる会社は少ないのです)

 

これは本当に助かります。
私などは、事務所のブログを開始してしばらくして、
こちら側のミスでブログ管理画面にアクセスできなくなってしまい、
途方に暮れてしまった事があるのですが、
エックスサーバーの担当者の方に電話で手とり足とり(?)サポートして頂き、
解決することができました。
もし、メールサポートだけだったら、解決できず、
せっかく更新を続けてきたブログを捨てなければならなくなっていたかもしれません。
いざというときの電話サポートは本当に貴重なのです。

 

 

料金

 

 

これだけの、性能、サポート体制が整っていながら月額使用料1000円は
はっきりいって、良心的な価格です。

 

これよりも、料金が高いサーバーもありますが、
しかし、それを選ぶ理由がありません。
行政書士事務所のホームページ運営を前提とする限り、
エックスサーバーの機能で物足りなくなることは、まず考えられません。

 

安心して、エックスサーバーを利用してください。

 

 

まとめ

 

 

レンタルサーバーは
「エックスサーバー」の「X10」プランが最適

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ホームページは行政書士必須の営業ツール!!
人≠売る行政書士の営業の基本はフェイス トゥ フェイス しかし、対面の営業で覚えてもらっても、事務所のホームページがなければ次につながりません。 信頼されないのです。 一生懸命、アナログ営業をしても、ホームページがなければ無駄になってしまうのです。 時間がある開業前に、あなたの事務所のホームページを作成しましょう。
新人行政書士でも作れるホームページのコンテンツ
新人行政書士は「プロフィール」を熱く書きましょう。 新人には実績≠ェありません。 しかし、情熱≠ヘあるはずです。 「プロフィール」を通じて、行政書士事務所開業にかけるあなたの情熱を ユーザーの心にしっかり届くように、熱く語ってください。 開業したての行政書士のホームページに訪れる人なんて あなたに実際に会って、あなたに興味を持った人だけです。 その人達をがっかりさせてはいけません。 とにかく熱く′黷チてください。
士業ホームページを成長させよう!!
開業後、業務を経験し、行政書士としての自分のスキルが上ってきたら 事務所ホームページのコンテンツも充実させましょう。 実務を経験することによって、自ずと魅力あるコンテンツを作成できるようになります。 そして、ホームページのコンテンツを充実させることにより それを読んだ「人」が「行政書士」としてのあなたを選ぶようになり それを読んだ「Google」があなたの事務所の「ホームページ」を選ぶようになります。
行政書士事務所ホームページ開設の具体的手順
行政書士事務所開業にあたって事務所のホームページを開設することは必須です。 しかも、自分で作成しなければいけません。 ホームページ作成会社に依頼しても失敗することがほとんどなのです。 ホームページ作成スキルを身につけて、自動で集客してくれる優秀な営業マンを何人も育てましょう!
ドメイン名(事務所ホームページURL)の決め方
ビジネス用ホームページを開設するなら、独自ドメインしかありません。 他社のドメインに従属しているURLを使ってもSEOに強いサイトには育たないのです。 あなたがどんなにがんばっても。 本気で行政書士事務所を経営するつもりなら独自ドメインをつかったURLにしましょう。 そして、ドメインは早い者勝ちです。すぐに行動しましょう。
事務所のホームページ作成で選ぶべき作成ソフト
行政書士事務所用のホームページ作成ソフトは「SIRIUS」に限る。 作成スピードが圧倒的に早く、しかもSEOに強い。 さらに「上位版」を使えば、携帯サイト、スマートフォンサイトも自動で作成される。 スマートフォン経由の顧客を取りこぼさないためにも「SIRIUS」の上位版を使うべき。
WEB制作会社にサイト作成を依頼するリスク
WEB制作会社に事務所のホームページ作成を依頼すると大きなリスクを負うことになります。高い固定費用を支払い続けるという金銭的リスクだけではなく、Googleのペナルティーを受けるようなホームページが出来上がるリスクがあるのです。 集客できる(SEOに強い)ホームページを持ちたいのであれば、自分でホームページ作成のスキルを身につけましょう。
さあ!あなたの行政書士事務所ホームページを公開しよう!
いよいよ、あなたの行政書士事務所のホームページを公開します。 注力すべきはプロフィールです。行政書士事務所開業にかけるあなたの情熱をアピールしましょう。なお、記事タイトル等にはユーザーが検索するようなキーワードを入れて集客力を高めましょう。
ヘッダー画像に事務所名を入れよう!
ヘッダー画像はホームページの顔です。訪問者にわかりやすいように、ヘッダー画像には事務所名のみならず、代表者である行政書士の名前、事務所の住所、電話番号、FAX番号が表示されるように設定しましょう。
「お問い合わせフォーム」の作り方
「お問い合わせ」にメールで回答することは極めて重要です。電話でなくメールを使ってアクセスする客は、すぐに仕事を依頼することはありません。なので、多くの行政書士は丁寧な回答をしないのです。だからこそ、「お問い合わせ」に熱心に回答することで、この層の客を獲得することが可能となります。しっかり活用しましょう。
エックスサーバーのメールフォームをSIRIUSサイトに設置する方法
エックスサーバーのCGIツールを使えば無料のメールフォーム(お問い合わせフォーム)をSIRIUSサイトに設置できます。その手順を詳しく解説します。
外出先でメールをチェック!
事務所ホームページの「お問い合わせ」にメールを送ってくる見込み客は迅速なレスポンスを期待しています。返信が遅れると、他のライバル行政書士に仕事を取られてしまいます。どこにいてもスマートフォンでメールを閲覧できる体制を整えておきましょう。
事務所ホームページをカスタマイズしよう!
SIRIUSは初心者でも高品質のホームページをさくせいできるソフトです。各種機能を駆使してカスタマイズを進め、訪問者にとって使いやすいサイトに、そして、他の行政書士事務所のホームページとの差別化ができるサイトに成長させましょう。
【まとめ】SIRIUSで作ったホームページをSSL化(http→https)する手順
サイト離脱、順位減少のリスクをなくすためにホームページをSSK化しましょう。エックスサーバー+SIRIUSサイトのSSL化の手順をまとめました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務