ドメイン名(事務所ホームページURL)の決め方

ドメイン名(行政書士事務所ホームページのURL)の決め方


【目次】

 

 

結論から言います。

 

 

新規ドメイン自分の名前が入ったドメイン名を付けましょう。

 

 

例えば、「office-○○○○○○○○.com」のように。
(○○○は名字又は氏名のローマ字表記)

 

 

なお、末尾のドメインは「.com」「.biz」のいずれかをおススメします。
理由は後で説明します。

 

 

ドメイン名が決まったら、
「インフォパネル」内の「ドメインの新規取得」の空欄に記入して
「検索」をクリックしてください。
使用可能(誰にも使われていない)であれば、
そのまま「申し込む」をクリックして取得できます。

 

 

  *「日本語ドメイン」や「オールドドメイン」の取得には特別の手続きが必要となります。
    なので、上記の手順でドメインを申し込めば、
    必然的に「新規ドメイン」を取得したことになります。

 

 

 

それでは、上記のようにドメイン名を決めるべき理由を説明していきます。

 

 

1 新規(独自)ドメインを選ぶべき理由について

 

 

ドメインにも大きく分けて4種類あります。

 

@新規(独自)ドメイン、A日本語ドメイン、Bオールドドメイン、C無料ドメイン

 

です。

 

 

新規ドメインとは、過去に誰も使った事がない、全く新しいドメインのことです。

 

日本語ドメインとは、「相続.com」のように日本語を使ったドメインのことです。

 

オールドドメインとは、過去に誰かが使っていたドメインのことです。

 

無料ドメインとは、「FC2」や「アメブロ」のように、無料で使えるが複数人と共同で利用する
ドメインのことです。

 

 

それぞれに、メリット・デメリットがありますので、
作成するサイトの性質によって使い分けなければいけません。

 

 

そして、「行政書士事務所」のホームページを開設するのであれば、
「新規ドメイン」しかありません。

 

 

オールドドメインを使うべきではない理由

 

 

Googleがサイトに対して付ける価値(評価)は、
そのサイトのドメイン(URL)に付属します。

 

よって、オールドドメインを使うと、
過去にそのドメインを使っていたサイトの評価をそのまま受け継ぐことになります。

 

 

ということは、評価の高いオールドドメインを取得できれば、
ホームページを公開してからすぐに上位表示されやすくなるというメリットがあります。

 

 

しかし、逆に評価が低いオールドドメインだったとしたら、
新しい利用者がいくら頑張って良質のコンテンツを積み上げていっても、
マイナスからのスタートとなり、
いつまでたっても上位表示されない(集客できない)という悲惨な結果になります。

 

 

短期の運用を予定しているサイトなどには向いているドメインですが
(リスクもあるが、すぐに上位表示される可能性があるので)、
しかし、長く運用する「行政書士事務所のホームページ」には
絶対に使うべきではありません。
リスクが高すぎます

 

 

 

日本語ドメインを使うべきではない理由

 

 

日本語ドメインはSEOに強いと言われています。

 

例えば、「相続.com」のようなドメインを使うと、
「相続」の検索結果で上位表示されやすい、ということです。

 

確かに、狙うキーワードを一つに絞ぼる業務特化型サイトであれば、
日本語ドメインを使用する意味はあるでしょう(それでも私は奨励しませんが)。

 

 

しかし、今作ろうとしているサイトは、
あなたの事務所の基本となる(業務特化型ではない)ホームページです。

 

そのホームページの名称は、事務所の名称をそのまま使います。
狙うキーワードも一つではないのです(全ての取扱業務をコンテンツにします)。

 

なので、日本語ドメインを使用すると言っても、その「日本語」を絞れないのです。

 

 

一方、日本語ドメインだと、他のSNSとの連携が難しくなる
(フェイスブックのURL登録、ツイッターへの投稿などでは日本語ドメインが使えない)
というデメリットがあります。

 

 

ですから、業務特化型ならともかく(くどいですが、私は奨励しませんが)、
基本となるホームページで日本語ドメインを使うことには
メリットはなく、デメリットしかないので、やめておきましょう。

 

 

 

無料ドメインなど論外!

 

 

「FC2」などは、無料でホームページを作成できます。

 

しかし、無料だからといって、
この手の無料ドメインでビジネス用のホームページを運用するなんて
愚の骨頂です。

 

 

無料ドメインは、大元のドメイン(例えばFC2のドメイン)に従属します。
通常、大元のドメインはそれなりに強いです。

 

ですが、その大元のドメインのパワーは、それを共同利用する全員に分散されます。

 

例えば、FC2の大元のドメインのパワーを仮に「1000」だとします。
そして、FC2に従属する無料ドメインを利用している人が1000人いたとします。
だとすると、その無料ドメインが有するパワーは、わずか「1」
無料ドメインがSEOに弱いと言われているのは、こういうことなのです。

 

どんなに有益なコンテンツを作り上げていったとしても、
その効果は大元のドメインに吸い取られ(全てではないですが)、
そして共同利用者に分散されます。
それどころか、共同利用者のサイトがマイナスの評価を受けたら、
そのマイナスも分散されます。

 

さらには、利用規約違反によるブログ削除やサービス自体の終了のリスクもあります。

 

そしてトドメが「同一ドメインの表示制限」。
制限の数に変遷はありますが、1ページに表示される同一ドメインの数は2〜3に制限されています。こんな制限を受けるドメインをなんでわざわざ選ぶのでしょうか?

 

趣味のブログを開設するわけじゃないんですから、
この手の無料ドメインを使うことなど絶対にやめてください。

 

 

 

また、行政書士などの士業に向けて格安料金でホームページを作成できるサービスが
結構あります。
しかし、それも大元のドメインに従属するタイプのものが多いです。
(もちろん、サービス提供会社は、そのデメリットについてあえて説明することはありません)
一応、有料ではありますが、ビジネスに利用すべきでないことは同じなのです。

 

 

なお、前の頁のステップ1で取得した「初期ドメイン」(サーバーID)も
エックスサーバーのドメインに従属する無料ドメインです。
だから事務所ホームページ用のドメインとしては使わないのです。
(趣味でサイトを開設する時などに使ってください)

 

 

とにかく無料ドメインでは勝てません

 

 

「行政書士事務所」のホームページを作るのですから。
この手のドメインは絶対に利用しないようにしましょう。

 

 

 

新規ドメインしかない!!

 

 

というわけで、新規ドメインを使いましょう。

 

新規ドメインは、最初は「Google」からの評価は「」です。
あなたが有益なコンテンツを積み上げていくことによって、
そのドメイン(ホームページ)の価値を高めていくしかありません。

 

でも、全く傷のないドメインなのです。
あなたの努力次第で、どこまでも価値(評価)が上っていくのです。
そして、その価値は、あなたが独占します。

 

本気で運用するサイトであれば、新規ドメインしかありません。
行政書士事務所のホームページには新規ドメインを使いましょう。

 

 

なお、一応の目安として、新規ドメインが上位に上がり始める時期は

 

@ サイト開設から3カ月〜6カ月経過後、かつ
A 有益な記事が30〜50を超えること

 

と言われています。
つまり、すぐに効果は出ないのです(俗に言うエイジングフィルター)。

 

 

しかし、新規ドメインを使うことが一番安全で確実な方法です。
先を見据えて、コツコツと有益な記事を積み上げていきましょう。

 

 

2 ドメイン名に自分の名前(ローマ字表記)を使う理由

 

 

これはもう単純に、ホームページのタイトルとドメイン名を一致させるためです。
そうすることが、SEOに有利だからです。

 

   * ホームページのタイトルには事務所の名称をそのまま使います。
     そして事務所名には氏名を使います。

 

   * 事務所名には「氏名」を使うことを奨励しますが、
     ドメイン名は長くなるので「名字」のローマ字表記でもいいと思います。

 

 

3 末尾のドメイン(トップレベルドメイン)について

 

 

トップレベルドメインとは、
URLの最後につく「.jp」「.com」「.net」「.biz」「.info」といったドメインのことです。

 

 

そして、かつては、トップレベルドメインにもSEOの強弱があり、
@.jp  A.com  B.net  C.biz  D.info
の順でSEOに強い、とも言われていました。
大手SEO会社(SEOmoz)による検証実験もなされたそうです。

 

 

しかし、近年「Google」のスタッフが、
トップレベルドメインによるSEO効果の違いはないと発言しています。

 

本人がそう言っているのだから、(少なくとも今は)違いはないのだと思います。

 

だから、結論として、どれでも良いのだと思います。

 

 

ただし、「.info」「.net」は「情報サイト」のイメージが強いので、
行政書士事務所のホームページとして使うのは、ちょっと違うのかなと感じます。

 

 

また、人気の高い「.jp」は年間使用料が「5000円」と他よりも高いので、
他のドメインを選んだほうが固定経費の削減になります。

 

 

というわけで、私は「.com」「.biz」のいずれかをおススメします。

 

 

 

4 ドメイン取得は早い者勝ち!

 

 

ドメイン取得は早い者勝ち≠ナす。

 

欲しいと思ったドメインが既に使われていたら、
その人が手放さない限り、手に入れることはできません。
(手に入ったとしても、オールドドメインです)

 

毎日膨大な数のドメインが取得され続けています。

 

欲しい≠ニ思ったドメインを確認できたら、迷わずにその瞬間に取得してください。
これ、鉄則です。
(その前の「ドメイン名の決定」はもちろん慎重にしなければいけませんが)

 

 

 

また、将来的には「地域特化型ホームページ」の作成を奨励しますが、
その際に、ぜひとも利用したいドメインがあります。

 

2012年に新設された「都道府県型JPドメイン」、
つまり都道府県名がついたドメインです。

 

地域特化型サイトではかなりの威力を発揮するドメインであり、争奪戦が繰り広げられていますが、ネット戦略が遅れている士業の業界では、まだまだ取得の余地があります。

 

詳しくは「特化型ホームページの作成」の頁でお話ししますが、
ビジネスチャンスは行動が早い者が手に入れます

 

 

どんどん先に進みましょう!

 

 

まとめ

 

 

行政書士事務所のホームページを開設するなら
絶対に絶対に独自ドメイン!!

 

 

ドメイン名は「氏名」のローマ字表記がおススメ

 

 

トップレベルドメインは「.com」か「.biz」がおススメ

 

 

ドメイン取得は早い者勝ち!
もたもたしていたら取られます。

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ホームページは行政書士必須の営業ツール!!
人≠売る行政書士の営業の基本はフェイス トゥ フェイス しかし、対面の営業で覚えてもらっても、事務所のホームページがなければ次につながりません。 信頼されないのです。 一生懸命、アナログ営業をしても、ホームページがなければ無駄になってしまうのです。 時間がある開業前に、あなたの事務所のホームページを作成しましょう。
新人行政書士でも作れるホームページのコンテンツ
新人行政書士は「プロフィール」を熱く書きましょう。 新人には実績≠ェありません。 しかし、情熱≠ヘあるはずです。 「プロフィール」を通じて、行政書士事務所開業にかけるあなたの情熱を ユーザーの心にしっかり届くように、熱く語ってください。 開業したての行政書士のホームページに訪れる人なんて あなたに実際に会って、あなたに興味を持った人だけです。 その人達をがっかりさせてはいけません。 とにかく熱く′黷チてください。
士業ホームページを成長させよう!!
開業後、業務を経験し、行政書士としての自分のスキルが上ってきたら 事務所ホームページのコンテンツも充実させましょう。 実務を経験することによって、自ずと魅力あるコンテンツを作成できるようになります。 そして、ホームページのコンテンツを充実させることにより それを読んだ「人」が「行政書士」としてのあなたを選ぶようになり それを読んだ「Google」があなたの事務所の「ホームページ」を選ぶようになります。
行政書士事務所ホームページ開設の具体的手順
行政書士事務所開業にあたって事務所のホームページを開設することは必須です。 しかも、自分で作成しなければいけません。 ホームページ作成会社に依頼しても失敗することがほとんどなのです。 ホームページ作成スキルを身につけて、自動で集客してくれる優秀な営業マンを何人も育てましょう!
ホームページ作成で選ぶべきレンタルサーバー
行政書士事務所のホームページ運営、ネット営業を前提とするならば レンタルサーバーは「エックスサーバー」の「X10」プランが最適です。 行政書士のネット営業を展開する上で、十分な容量、性能を備えており、 また、サイト作成初心者へのサポートも手厚いので、申し分ありません。 月額料金も安く、現状では最強ののサーバーだと思います。
事務所のホームページ作成で選ぶべき作成ソフト
行政書士事務所用のホームページ作成ソフトは「SIRIUS」に限る。 作成スピードが圧倒的に早く、しかもSEOに強い。 さらに「上位版」を使えば、携帯サイト、スマートフォンサイトも自動で作成される。 スマートフォン経由の顧客を取りこぼさないためにも「SIRIUS」の上位版を使うべき。
WEB制作会社にサイト作成を依頼するリスク
WEB制作会社に事務所のホームページ作成を依頼すると大きなリスクを負うことになります。高い固定費用を支払い続けるという金銭的リスクだけではなく、Googleのペナルティーを受けるようなホームページが出来上がるリスクがあるのです。 集客できる(SEOに強い)ホームページを持ちたいのであれば、自分でホームページ作成のスキルを身につけましょう。
さあ!あなたの行政書士事務所ホームページを公開しよう!
いよいよ、あなたの行政書士事務所のホームページを公開します。 注力すべきはプロフィールです。行政書士事務所開業にかけるあなたの情熱をアピールしましょう。なお、記事タイトル等にはユーザーが検索するようなキーワードを入れて集客力を高めましょう。
ヘッダー画像に事務所名を入れよう!
ヘッダー画像はホームページの顔です。訪問者にわかりやすいように、ヘッダー画像には事務所名のみならず、代表者である行政書士の名前、事務所の住所、電話番号、FAX番号が表示されるように設定しましょう。
「お問い合わせフォーム」の作り方
「お問い合わせ」にメールで回答することは極めて重要です。電話でなくメールを使ってアクセスする客は、すぐに仕事を依頼することはありません。なので、多くの行政書士は丁寧な回答をしないのです。だからこそ、「お問い合わせ」に熱心に回答することで、この層の客を獲得することが可能となります。しっかり活用しましょう。
エックスサーバーのメールフォームをSIRIUSサイトに設置する方法
エックスサーバーのCGIツールを使えば無料のメールフォーム(お問い合わせフォーム)をSIRIUSサイトに設置できます。その手順を詳しく解説します。
外出先でメールをチェック!
事務所ホームページの「お問い合わせ」にメールを送ってくる見込み客は迅速なレスポンスを期待しています。返信が遅れると、他のライバル行政書士に仕事を取られてしまいます。どこにいてもスマートフォンでメールを閲覧できる体制を整えておきましょう。
事務所ホームページをカスタマイズしよう!
SIRIUSは初心者でも高品質のホームページをさくせいできるソフトです。各種機能を駆使してカスタマイズを進め、訪問者にとって使いやすいサイトに、そして、他の行政書士事務所のホームページとの差別化ができるサイトに成長させましょう。
【まとめ】SIRIUSで作ったホームページをSSL化(http→https)する手順
サイト離脱、順位減少のリスクをなくすためにホームページをSSK化しましょう。エックスサーバー+SIRIUSサイトのSSL化の手順をまとめました。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務