【まとめ】SIRIUSで作ったホームページをSSL化(http→https)する手順

【まとめ】SIRIUSで作ったホームページをSSL化(http→https)する手順

 

 

【目次】

 

 

 

ご存知の方も多いと思いますが、
2017年1月にリリースされたChrome 56より、
SSK化されていないサイトは、
ページ内にパスワードやクレジットカード情報などを入力するフォームがある場合、
アドレスバーに「保護されていない通信」という表示がされるようになりました。

 

これでは、検索ユーザーは不安を感じて、サイトから離れていってしまいます。

 

弊サイトの場合、パスワードやクレジットカード番号などを入力させるページはありませんので
本来「SSL化」の必要性はないのですが、
サイトのURLが「http」というだけで、検索ユーザーを不安にさせる可能性は否定できません。
そこで、私も重い腰を上げて、弊サイトをSSL化しました。

 

 

面倒と言えば面倒な作業でしたが、やり方は決まっているので難しくはありません。
せっかく作業をしたので、その手順をこのページにまとめました。
(エックスサーバー公式ページにSSK化の手順は詳しく記載されています。でも、ちょっと長いので、実際に行う作業だけをまとめました。詳しく知りたい方は公式ページを参照してください。)

 

すでに弊サイトを見て事務所のホームページを作った方、あるいはこれから作る方も、
このページを参考にして「SSL化」することをお勧めします。

 

*エックスサーバーの場合、SSL化のための追加料金は発生しません。

 

 

 

SSL化の意味とその必要性

 

 

SSL(Secure Sockets Layer)とは、インターネット通信を暗号化する仕組みです。
これにより、悪意のある第三者が情報を盗み取ることを防止できます。
逆に言えば、SSL化されていないホームページだと、その危険があるということです。

 

そして、SSK化しているかどうかは、検索ユーザーから見ることができます

 

SSK化していないサイトのURLは「http」から始まる。
アドレスバーに警告マークがでる(通信が保護されていませんよ、という意味)。

 

 

 

 

 

SSK化しているサイトのURLは「https」から始まる。
アドレスバーに鍵マークがでる(鍵をかけているから安全ですよ、という意味)。

 

 

 

 

 

 

あなたが作成する行政書士事務所のホームページは
もちろん「悪意のあるホームページ」ではないでしょう。
しかし、ホームページがSSL化されていないと、
検索ユーザーから嫌われ、アクセスしてもらえないケースが生じてしまいます。

 

また、「Google」はサイトの評価基準の一つとして「SSK化」の有無も考慮すると発表しました。
つまり、「SSK化」していないと、順位が下がる要因になるということです。

 

もったいないです。
なので、ここできちんと「SSL化」しておきましょう。
このページで説明する手順通りに進めれてもらえれば、難しくありませんので。

 

 

 

SSL化の手順

 

 

*作業前に必ずホームページのバックアップをとっておいてください。これがないと、失敗した時に取り返しがつかない事態になりかねませんから(やり方は「SIRIUSユーザーズマニュアル」に書いてあります)。

 

 

SSL化の概要

 

 

サイトのSSL化の手順は大きく分けて二つ

 

 

1 エックスサーバー側の設定 →「https」のアドレスができる

 

2 SIRIUS側の設定 → 「https」に統一することで、リダイレクトされる

 

 

細かく説明するととても長くなるので、簡単に説明します。

 

エックスサーバー側の設定をすることで、「通信が保護されたサイト」が出来上がります。
(「https」で始まるサイト)

 

しかし、すでに、「通信が保護されていないサイト」が存在します。
(「http」で始まるサイト)

 

そこで、SIRIUS側の設定をすることで、
「http〜」で検索してきたアクセスを
自動的に「https」で始まるサイト、つまり「通信が保護されたサイト」に転送させます。
(リダイレクト)

 

この二つの作業をすることで、
あなたの事務所ホームページは「保護されたサイト」に生まれ変わります。

 

 

では、具体的な手順を説明していきます。

 

 

1「エックスサーバー」側の設定

 

 

→サーバーパネルにログイン

 

→SSL化するドメインを選択

 

 

 

 

 

 

→SSL設定をクリック

 

 

 

 

 

 

 

→独自SSL追加設定をクリック

 

 

 

 

 

 

 

→「確認画面へ進む」をクリック

 

 

 

 

 

→「追加する」をクリック

 

 

 

 

 

 

 

→「申請中」の画面が出る

 

 

 

 

 

 

 

 

→1分程度で確定

 

 

 

 

 

 

 

「https」のURLでサイトが見られるようになるまで待つ(1時間くらいかかる)

 

 

見られない間は、こんな画面になる

 

 

 

 

 

 

 

 

「https」のURLでサイトが見られるようになったら「SIRIUS」側の設定に進む

 

 

 

 

 

2「SIRIUS」側の設定

 

 

 

→SIRIUSのサイト全体設定

 

→「サイトURL」の箇所を、「http」から「https」に書き換える

 

 

 

 

 

→OKをクリック

 

 

 

 

 

次に、「サイトオプション」を開いて
「常時SSL化の統一」の項目を「常時SSL化で統一する」に変更する。
(この作業で「301リダイレクトの設定」も完了する)

 

 

 

 

 

→OKをクリック

 

 

→「サイト生成」→「アップロード」

 

 

これで完了です。

 

 

試しに、「http~」で始まるURLで検索してください。
「https」で始まるホームページに転送されるはずです。

 

転送されましたか?
転送されていればOK.。

 

 

以上でSSL化の手続きは完成です。

 

 

 

まとめ

 

 

1 エックスサーバー側の設定 →「https」のアドレスができる

 

2 SIRIUS側の設定 → 「https」に統一することで、リダイレクトされる

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

ホームページは行政書士必須の営業ツール!!
人≠売る行政書士の営業の基本はフェイス トゥ フェイス しかし、対面の営業で覚えてもらっても、事務所のホームページがなければ次につながりません。 信頼されないのです。 一生懸命、アナログ営業をしても、ホームページがなければ無駄になってしまうのです。 時間がある開業前に、あなたの事務所のホームページを作成しましょう。
新人行政書士でも作れるホームページのコンテンツ
新人行政書士は「プロフィール」を熱く書きましょう。 新人には実績≠ェありません。 しかし、情熱≠ヘあるはずです。 「プロフィール」を通じて、行政書士事務所開業にかけるあなたの情熱を ユーザーの心にしっかり届くように、熱く語ってください。 開業したての行政書士のホームページに訪れる人なんて あなたに実際に会って、あなたに興味を持った人だけです。 その人達をがっかりさせてはいけません。 とにかく熱く′黷チてください。
士業ホームページを成長させよう!!
開業後、業務を経験し、行政書士としての自分のスキルが上ってきたら 事務所ホームページのコンテンツも充実させましょう。 実務を経験することによって、自ずと魅力あるコンテンツを作成できるようになります。 そして、ホームページのコンテンツを充実させることにより それを読んだ「人」が「行政書士」としてのあなたを選ぶようになり それを読んだ「Google」があなたの事務所の「ホームページ」を選ぶようになります。
行政書士事務所ホームページ開設の具体的手順
行政書士事務所開業にあたって事務所のホームページを開設することは必須です。 しかも、自分で作成しなければいけません。 ホームページ作成会社に依頼しても失敗することがほとんどなのです。 ホームページ作成スキルを身につけて、自動で集客してくれる優秀な営業マンを何人も育てましょう!
ドメイン名(事務所ホームページURL)の決め方
ビジネス用ホームページを開設するなら、独自ドメインしかありません。 他社のドメインに従属しているURLを使ってもSEOに強いサイトには育たないのです。 あなたがどんなにがんばっても。 本気で行政書士事務所を経営するつもりなら独自ドメインをつかったURLにしましょう。 そして、ドメインは早い者勝ちです。すぐに行動しましょう。
ホームページ作成で選ぶべきレンタルサーバー
行政書士事務所のホームページ運営、ネット営業を前提とするならば レンタルサーバーは「エックスサーバー」の「X10」プランが最適です。 行政書士のネット営業を展開する上で、十分な容量、性能を備えており、 また、サイト作成初心者へのサポートも手厚いので、申し分ありません。 月額料金も安く、現状では最強ののサーバーだと思います。
事務所のホームページ作成で選ぶべき作成ソフト
行政書士事務所用のホームページ作成ソフトは「SIRIUS」に限る。 作成スピードが圧倒的に早く、しかもSEOに強い。 さらに「上位版」を使えば、携帯サイト、スマートフォンサイトも自動で作成される。 スマートフォン経由の顧客を取りこぼさないためにも「SIRIUS」の上位版を使うべき。
WEB制作会社にサイト作成を依頼するリスク
WEB制作会社に事務所のホームページ作成を依頼すると大きなリスクを負うことになります。高い固定費用を支払い続けるという金銭的リスクだけではなく、Googleのペナルティーを受けるようなホームページが出来上がるリスクがあるのです。 集客できる(SEOに強い)ホームページを持ちたいのであれば、自分でホームページ作成のスキルを身につけましょう。
さあ!あなたの行政書士事務所ホームページを公開しよう!
いよいよ、あなたの行政書士事務所のホームページを公開します。 注力すべきはプロフィールです。行政書士事務所開業にかけるあなたの情熱をアピールしましょう。なお、記事タイトル等にはユーザーが検索するようなキーワードを入れて集客力を高めましょう。
ヘッダー画像に事務所名を入れよう!
ヘッダー画像はホームページの顔です。訪問者にわかりやすいように、ヘッダー画像には事務所名のみならず、代表者である行政書士の名前、事務所の住所、電話番号、FAX番号が表示されるように設定しましょう。
「お問い合わせフォーム」の作り方
「お問い合わせ」にメールで回答することは極めて重要です。電話でなくメールを使ってアクセスする客は、すぐに仕事を依頼することはありません。なので、多くの行政書士は丁寧な回答をしないのです。だからこそ、「お問い合わせ」に熱心に回答することで、この層の客を獲得することが可能となります。しっかり活用しましょう。
エックスサーバーのメールフォームをSIRIUSサイトに設置する方法
エックスサーバーのCGIツールを使えば無料のメールフォーム(お問い合わせフォーム)をSIRIUSサイトに設置できます。その手順を詳しく解説します。
外出先でメールをチェック!
事務所ホームページの「お問い合わせ」にメールを送ってくる見込み客は迅速なレスポンスを期待しています。返信が遅れると、他のライバル行政書士に仕事を取られてしまいます。どこにいてもスマートフォンでメールを閲覧できる体制を整えておきましょう。
事務所ホームページをカスタマイズしよう!
SIRIUSは初心者でも高品質のホームページをさくせいできるソフトです。各種機能を駆使してカスタマイズを進め、訪問者にとって使いやすいサイトに、そして、他の行政書士事務所のホームページとの差別化ができるサイトに成長させましょう。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務