アクセスが多いのに仕事の依頼が少ない行政書士ホームページの特徴→顔が・・・

アクセスが多いのに仕事の依頼が少ない行政書士ホームページの特徴→顔が・・・

 

 

【目次】

 

 

 

@笑顔 A胸を張る B清潔感

 

 

 

 

レベルの高いホームページが増えている

 

 

弊サイトを開設して6年目を迎えますが(令和元年11月現在)、
その間、多くの読者から感謝のメールを頂いています。

 

その中には「マニュアルに従ってホームページを作ることができました!」と、
ご自身の行政書士事務所のホームページのリンクを張ってメールを送ってくださる方も結構います。

 

 

で、それらのホームページを実際に見てみると・・・

 

 

 

みなさん、素晴らしい

 

 

 

コンテンツに関しては、みなさんかなりいい線いってます。
特に、業務特化型サイトを作っている方々は、大体50〜100記事程度のボリュームで、
なおかつコンテンツの質も高い。

 

また、「アクセスを大量に集める行政書士ブログの育て方」で紹介したノウハウに従って
需要が多いキーワード≠使って記事を作成しているので、
結構アクセスを稼いでいるだろうな〜というサイトが多いです。

 

まあ、わざわざリンクを張ってメールを送ってくるくらいだから、
みなさん努力された方ばかりなのでしょうが、
それでもちょっと驚いてます。

 

もちろん、まだまだ改善の余地はあるし、
ご本人たちもさらにアップグレードを続けるつもりだと思いますが、
頼もしい限りです。
中には、正直言って「あ、負けてる・・・・」というレベルのものもありましたね(^^;)

 

この調子で、ネット上でも行政書士業界を盛り上げてくれる行政書士が増えることを期待しています。

 

 

 

気になった点もある

 

 

上記のようにコンテンツに関してはみなさん素晴らしいです。
しかし、いくつかのサイトで重大な欠点を見つけました。

 

 

それは・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

いや、顔と言っても
「ブサイクなんだよ!」とか、そういったことを言っているわけではありませんよ?

 

 

 

 

笑顔

 

 

 

 

これが足りないのです。
これでは、仕事の依頼は増えません。

 

 

 

 

コンテンツの質だけでは仕事の依頼は増えない

 

 

確かに、ホームページで一番重要なのはコンテンツです。
コンテンツの質が高ければ、Googleに評価され上位表示されます。
上位表示されれば、アクセスが増えます。
そして、アクセスしてきた見込み客が質の高いコンテンツを読み、
その行政書士のスキルの高さを信用します。

 

 

でもね・・・

 

 

 

その行政書士の顔が怖かったら、依頼する気持ちは萎えますよ

 

 

 

単なる情報提供サイトなら顔なんて関係ありません。
コンテンツを評価してもらえればそれで良いわけですから。

 

でも、行政書士事務所のホームページはそうはいきません。
コンテンツを信頼してもらった後に、仕事を依頼してもらわなければいけないのですから。

 

だから笑顔が必要なのです。

 

 

行政書士の見込み客は問題≠抱えている層です。
困っている人々なのです。
困っている人々は助けを求めてネット検索をします。
自分が抱えている問題について親身になって話を聞いてくれる専門家を探しているのです。

 

 

そんな人たちに対して無表情の顔で手を差し伸べても、
その手を取ろうとする人はなかなかいませんよ?
隣に笑顔で手を差し伸べる行政書士がいれば、そっちの手を取るはずです。
(近い順位のサイトで笑顔の行政書士がいればそっちを選ぶということ)

 

 

笑顔で手を差し伸べましょう。
そうするだけで、依頼は増えます。
間違いありません。

 

 

 

さあ!あなたの行政書士事務所のホームページを公開しよう!」でもそのことは簡単に書いていましたが、伝わっていない方が何名がいらっしゃったので、再び書きました。

 

もし、あなたのホームページにアクセスは集まっているのに仕事の依頼が少ないという状況でしたら、もう一度ホームページに掲載しているあなたの写真を見てください。

 

見込み客が安心できるような笑顔で写ってますか?

 

自分だけで判断するのではなく、複数の人の意見も聞いてみましょう。
第三者が見てどう感じるかが重要です。

 

改善の必要があるかもしれませんよ?

 

 

胸を張る

 

 

また、姿勢があまりよくない方もいらっしゃいましたね。
ちょっと、猫背なんですよ。
これでは自信がなさそうに見えます。
仕事を依頼しようという気持ちになりません。

 

胸を張りましょう。
胸を張って写真に写ると、自信が伝わります。
自信が伝われば、見込み客は安心して仕事を依頼できるのです。
(胸を張りすぎてふんぞり返ってはダメですよ。傲慢に見えたら、逆に見込み客は離れていきます)

 

 

清潔感

 

 

それから清潔感のある写真を選ぶこと。
これも重要です。
高級なスーツなどは不要です。
安物でもいいので清潔な身だしなみで写ることです。
不潔な人に近づきたいと思う人などいませんからね。

 

といっても、私が見た限り、清潔感のない写真を掲載したホームページはありませんでした。
多分、ここはほとんどの方が大丈夫だと思いますが・・・

 

 

キヨシからのお願い

 

 

「サイトを作りました。どうでしょうか?」というキヨシの評価を求めるメールを送ってくださるのは構いません。
コンテンツ≠ノ関することであれば、簡単なコメントをすることはできます(時間がある時であれば)。

 

ですが、顔写真≠ノついての評価は、それはちょっとできかねます。
だから、こうやって記事にして間接的に訴えているのです。
ここはご自身で、周りの方の意見を聞いて判断してください。

 

 

 

 

まとめ〜集客できるホームページの顔写真

 

 

 

笑顔 → 相談したくなる
胸を張る → 問題を解決してくれそう
清潔感 → 不潔な人に会いたい人はいません

 

 

 

「Google」はコンテンツの質≠オか見ませんが、「人」は人の顔≠煬ゥます。
行政書士のホームページは質の高いコンテンツだけではダメなのです。

 

 

 

笑顔になるだけで仕事が増えますよ?
無表情だと損します。

 

笑いましょう!!

 

 

 

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

行政書士のマーケットの活性化を切望しています!!
行政書士の多くは価格競争をしています。その結果、行政書士の報酬額の相場は下がり続け、廃業者が続出しています。専門性で勝負しましょう。スキルの高さを示せれば高い料金でも集客できます。それが行政書士が生き残る唯一の方法なのです。
同期の行政書士との付き合い方
同期行政書士と上手く付き合うことで新人行政書士の成長は早くなる。そのためには先に与えること。有益な情報を与え、客を紹介する。そうすることで情報や仕事が返ってくる。逆に、与えてもお返しをしない士業とは付き合わない。
行政書士事務所を開業して成功する人、失敗する人の共通点
行政書士として成功する人は判断が緻密で行動が早い。失敗するひとは行動が遅く、判断も妄想で終わっている。行政書士事務所開業で成功したければ行動する勇気とスピードが不可欠です。
「消費」と「投資」の違いを意識して行動しよう!
何も生みださない「消費」活動はできるだけ控えるべき。しかし利益を生み出すための「投資」は積極的に行わなければいけない。稼げない行政書士は「消費」行動はやめないくせに「投資」ができない。これでは成功しないのが当たり前。
報酬は価値の提供の対価。これを理解していない新人行政書士はすぐに廃業するという恐ろしい話
サラリーマン思考の新人行政書士はすぐに廃業します。自分で価値を生み出す仕組みを作り上げるまでは利益は出ないという事を理解しましょう。
行政書士ブログが継続できない人へ→記事の質は徐々に上げていけばよい
最初から質の高いブログ記事は書けません。検索上位を占めている業務特化型サイトを作った行政書士も最初はしょぼい一記事≠ゥらスタートしているのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務