事務所開業時のオフィス用品は中古品で十分!

事務所開業時のオフィス用品は中古品で十分!

 

行政書士の事務所運営はスタート時点が勝負です。
最初から顧客に満足してもらえるサービスを提供しなければいけません。
ここで失敗したら悪評が付いて回るだけです。
開業当初から顧客にとってのユーザビリティーを最優先した環境を整えましょう。
そして、そのための「投資」は惜しんではならないのです。

 

ならないのですが・・・

 

 

 

開業資金には限りがありますよね?
なので、節約できる所は節約しなければいけないのです。

 

 

そして、最も節約できるところといえば、オフィス用品の準備

 

ここです。
ここしかありません。

 

 

 

お金がないからと言って交流会などにあまり参加しない新人もいますが、
営業≠ノお金をかけずしてビジネスに成功することなんてありえません。
だけど、こんな人に限ってオフィス用品にはお金をかけていたりするのです。

 

 

逆です。

 

 

≠ノはお金をかけなくても良いんです。

 

 

 

 

はっきり言いましょう。

 

オフィス用品なんて中古品で十分です。

 

 

 

OA機器はダメですが、
それ以外のオフィス用品に関しては中古品でもアウトレット商品でも良いのです。

 

今まで私用で使っていた物でも、もちろん構いません。
新品を買うととにかく高いですからね。

 

 

 

ただし、ボロボロに使い古された物や明らかに粗悪品とわかる物は避けてください。
事務所の見た目が安っぽいと、やっぱり行政書士本人も信用されにくいです。
そういうものなんです。
その辺のバランスは考えてください。

 

 

なお、新品ならネットが便利で安くなりますが、
中古品はやっぱり実物を見ないと安心できません。
なので、中古品を購入する場合には、
近くのリサイクルショップ等に行って実物を見てから選択するようにして下さい。

 

ネットオークションなどはもってのほかです。
とにかく中古品に関しては実物≠オか信用してはいけません。

 

 

また、各備品の色や素材などには統一感を持たせて下さい。
繰り返しますが事務所の見た目は大切ですから。
自宅兼事務所であっても、そこはこだわってください。

 

 

 

なお、中古品は嫌だという方もおられるでしょう。
でも、資金には余裕がない。
そういう方は、組み立て式の商品をネットで買うことをお薦めします。

 

私も机や書庫などは組み立て式のものをネットで買いました。
自分で組み立てるという労力は要しますが、
その分費用は安上がりだし、品質もまあまあなので、それで良かったと思っています。

 

 

 

 

組み立ても嫌中古品も嫌、という方は相場並みの金額で新品を購入してください。
ただし開業資金が底をつかないように、計画的に購入してくださいね。

 

 

 

 

では、次頁以降で、それぞれの備品毎に注意すべき点をお話ししていきます。

 

 

まとめ

 

 

開業準備で最も節約できるのはオフィス用品の準備。

 

 

中古品でも使える物はあるので探してみてください。
ただし、中古品は必ず実物を見て買うこと。

 

 

中古品が嫌ならば、組み立て式の新品をネットで買いましょう。
通常の新品よりかなり安上がりです。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

行政書士事務所のOA機器(パソコン、FAX、コピー、プリンター)
行政書士事務所開業時に必要なOA機器はFAX機、コピー機、プリンター、パソコン。 複合機でいいが「A3」対応の新品を買うべき。パソコンはノート1台で良いが、顧客情報を守るためにセキュリティーに万全を期さなければならない。
事務机、椅子、PCデスクは作業効率を考えて
事務所に設置する机はできるだけ広い面の物を使いましょう。行政書士の仕事はデスクワークが中心です。狭い机だと作業効率が悪くなります。椅子は体に会う物を。パソコン用机も必要ですが、安いもので十分です。
本棚。専門家の事務所に備えるのですから…
行政書士事務所に備える本棚である以上、大量の専門書、法律書を並べることが前提。沢山の書籍を収納できる大きめの頑丈な物を選びましょう。中古品で十分。ただ、開業当初は専門書はあまりないはず。なので、士業が読みそうな本を適当に並べておきましょう。
「街の法律家」に相応しい六法を
行政書士は街の法律家≠ナす。法律家にふさわしい六法を用意しましょう。すなわち「模範六法」クラスのものです。そして、依頼者の前でもスイスイ条文検索できるように、日頃から十分に使いこなしておいてください。
行政書士事務所に鍵付きキャビネット(書庫)がない?
行政書士には守秘義務があります。職務上知り得た依頼者の情報を漏らしてはいけません。顧客情報が記入された書類も完璧に管理する必要があります。そのため、事務所開業時に必ず鍵付きキャビネット(書庫)を設置しなければいけないのです。
なければ困る書類棚
事務所の書類整理のためには書類棚が必要です。A4ファイルの保存が主になるので「B4」以上の整理棚を用意しましょう。段数も多い方が良いです。仕事が増えるたびにファイル分けも増えてきますから。
応接セットは依頼者の記入作業を前提に選べ
事務所の応接セットは依頼者の目が当然に行きます。書類をおいて記入作業をすることもあります。机に傷がある等記入作業がしにくいものだと依頼者を不安にさせまし、行政書士本人に対する信頼も揺らぐことになります。中古品で良いので、しっかりした商品を選びましょう。
トイレの神様
事務所のトイレが汚いと人から信頼されません。人から見られないところではいい加減だと思われるのです。顧客は離れていくし、同業者、他士業から仕事を紹介してもらえないでしょう。トイレ掃除が出来ない人は仕事もできないのです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務