素人がチラシのデザインを作る方法

素人がチラシのデザインを作る方法


【目次】

 

 

既にお話ししましたように、チラシの印刷は印刷会社に依頼すべきです。
事務所のプリンターなどで印刷したものなんて成果は出ないし、
コストもかえって高くなりますから。

 

 

 

問題は、デザインをどうするかです。

 

 

 

デザイン作成方法

 

 

3パターン考えられます。

 

 

1 自分で最初からデザインを作り上げ、印刷だけを業者に委託する。

 

2 既存のテンプレートを利用して自分でデザインを作る。

 

3 プロのデザイナーに依頼する

 

です。

 

 

 

 

クオリティーを最も高くしたいのであればですね。
しかし、費用も最も高くなります。

 

 

費用を最も安上がりにしたいのであればです。
しかし、集客できるレベルのクオリティーに仕上げるのは相当難しいでしょう。
そもそもデザインの基礎を1から学ぶ必要があります。
時間が膨大にかかります。

 

 

 

そこで、おススメはです。

 

 

 

ほとんどの新人行政書士にはチラシデザインのスキルはないでしょうし、
また潤沢な営業資金も持ちあわせてはいないでしょう。

 

しかし、良くできたテンプレートを利用すれば、初心者でも結構綺麗なデザインを作れます。
もちろん、プロのデザイナーに依頼するよりもはるかに安上がりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

このサンプルチラシもテンプレートを使っています。
デザインの素人である私が作りましたが、それでも反応率は結構良いのです。

 

 

 

テンプレートを利用して業種毎にいくつかのパターンのデザインを作り、
実際に配って効果測定をします。

 

 

 

配布→効果測定→改善

 

 

 

このサイクルを繰り返しながら、徐々にチラシ営業の費用対効果を高めていくのです。

 

 

 

 

なお、資金をある程度持っている人は、
いきなり3(プロのデザイナーに依頼する)を選びたくなるかもしれません。

 

でも、それはちょっと資金の無駄遣いでしょう。

 

 

すでにお話ししたように、チラシの効果を決めるのはデザインだけではありません。
チラシに記載する内容、業種、配布場所、時期なども重要な要素となります。

 

プロのデザイナーに依頼すれば「効果の出やすいデザイン」は作ってくれるでしょう。
しかし、記載内容、業種、配布場所、時期などは、
行政書士である自分自身が決めなければいけないのです。

 

 

なので、まずは2の(テンプレートを使った)チラシで効果測定を繰り返し、
そして、効果の出やすい記載内容、業種、配布場所、時期がある程度判った段階で
プロのデザイナーに依頼することをおススメします。

 

それが一番成功の確率が高いやり方だと思います。

 

 

 

印刷会社の選び方

 

 

印刷会社は実店舗ではなくネット印刷会社を選びましょう。
名刺作成のページで詳しくお話ししましたが、
品質が良いにもかかわらず、価格が安くなるからです。
そして、事前に仕上がり具合を視覚的に確認できるので、
イメージと違ったチラシができあがるリスクもありません。

 

 

ただし、ネット印刷会社も様々です。
中には品質が悪い、費用が結構高いという業者も存在します。

 

なので、事前にホームページ等を確認した上で印刷会社を選ばなければなりません。
チラシ印刷に関しては、名刺以上に業者を選ぶのは難しいと思います。

 

 

 

 

なお、私が現在利用しているネット印刷会社はビスタプリントです。
既存のテンプレートを利用して自分でデザインを作っています。
サンプルチラシも同社のテンプレートです。

 

 

 

 

 

 

 

ビスタプリントの最大の長所は
テンプレートのバリエーションの豊富さとクオリティーの高さです。

 

サイトを実際に見てもらえばお分りになると思いますが、
とにかく綺麗なテンプレートが大量にあります(A4サイズだけでも1781種類!)。
これだけあれば、自分がイメージするチラシに近いものが必ずあります。

 

そして、選んだテンプレートに、
自分が考えたキャッチフレーズや業務案内を記入していけば良いのです。
操作は簡単です。慣れればすぐにできます。

 

 

テンプレートを用意している印刷会社は他にもありますが、
これだけの質と量を備え、なおかつ操作が簡単なところは、
少なくとも現時点ではないんじゃないかなと思います。
(名刺の場合と違って、多くの業者を試したわけではありませんが・・・)

 

安さだけで選ぶのであれば他の会社もありますが、
デザインの重要性はすでにお話しした通りです。

 

 

 

今後、もっと良いチラシ印刷業者を見つけたら、実際に使ってみてこのサイトで紹介しますが、
現状ではビスタプリントを利用し続ける予定です。

 

 

  * なお、
    ビスタプリントでは名刺も作れますし、名刺のテンプレートのクオリティーも高いです。
    しかし、私は名刺に関しては同社を利用することをやめました
    理由は、納品に時間がかかるからです。
    (スタンダードプランで約2週間。海外生産・発送発送なので)
    計画的に配るチラシならそれでも良いのですが、
    日常的にばら撒き、すぐになくなってしまう名刺だとそれでは困るのです。

 

   (追記)
    現在のビスタプリントは国内生産・発送になったため、
    注文から4〜5日で配送されるようになりました。
    なので今では名刺も注文するようになりました。
    (テンプレートの数、クオリティーは随一ですから)

 

 

 

では、次の頁で、
ビスタプリントを利用してチラシを作成する手順を具体的に説明します。

 

 

 

まとめ

 

 

クオリティー確保とコストカットを両立させるためには
テンプレートを利用してデザインを作成すべき

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

チラシ広告に挑戦!
対面営業、ホームページ営業とチラシ営業とではターゲットとなる属性が違う。チラシ営業でしか獲得できない客層が存在する。確かにチラシ広告は費用がかかるし難しい。しかし挑戦しなければ獲得できる客層は広がらない。
キヨシのチラシ営業実践記
チラシ広告に即効性はない。しかし、大量のチラシを継続的に配布し続けることで行政書士である自分の存在が見込み客に刷り込まれていく。やがて1件の仕事が入り信頼が生まれると、その信頼が一気にその客層に広がっていく。
行政書士のチラシ営業の目的とターゲット層
問題が顕在化し専門家を探している客層を掴むためにはホームページやブログのネット営業が効果的。しかし、問題を潜在的に抱えているにすぎない段階の客層を掴むには日頃からチラシ広告を配り続けて行政書士である自分の存在を刷り込んでおく必要がある。
チラシ営業で成功するには「効果測定」が不可欠
費用対効果の高いチラシ営業を実現するには効果測定が不可欠。業種毎に複数のパターンのチラシを作り、それぞれのパターンにつき最低5000枚配る。そしてせんいち∞せんみつ≠フ基準で反応率を図り、チラシの取捨選択をする。
士業のチラシ営業は利益でるのか?
士業のネット営業では問題が顕在化した客しか獲得できない。だから士業のチラシ広告はなくならない。チラシは潜在的に問題を抱えている見込み客に士業の存在を刷り込めるからだ。新人行政書士も長期的に事務所を成長させるためにチラシ営業に挑戦すべきなのだ。
チラシ広告は第一印象(デザイン)が命!
チラシ広告を作る上で一番重要なことは捨てられない<`ラシを作ること。つい見てしまうチラシを作ることです。そのためにはパッと見が全て。心にひっかかるキャッチコピー、顔写真、カラー印刷、概要がすぐ判るシンプルな構成を心掛けましょう。
チラシから電話、ホームページに誘導する
潜在的に問題を抱えている客層を獲得するための営業ツールはチラシ。チラシからホームページ、事務所の電話に誘導してクロージングする。そのためにはチラシ広告にホームページ、電話への誘い文句を記載することが不可欠。
チラシに掲載する業務は絞る!
複数の業務が掲載されているチラシはすぐに捨てられる。業務はひとつに絞らなければいけない。掲載すべき業務は誰にでも起こる相続問題。次に、クーリングオフや交通事故関連業務もおススメ。離婚はチラシ集客に不向き。各種許認可も不向き。
ビスタプリント(Vistaprint)でチラシを作る手順
ビスタプリントにはクオリティーの高いテンプレートが豊富にあります。操作は簡単でデザインの素人でもプロレベルに近い綺麗なチラシが出来ます。実際に集客できるチラシ広告を低価格で作るのであればビスタプリントが最適です。
チラシ営業のコストをゼロにする方法
チラシ集客の成功に不可欠な「効果測定」をするには最低5000枚配布し続ける必要がある。費用がかさむ。そこでチラシ印刷代を捻出するために、新人行政書士はポスティングのバイトをすべき。資金が乏しくてもチラシ営業に挑戦できる。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務