行政書士のチラシ営業の目的とターゲット層

行政書士のチラシ営業の目的とターゲット層


【目次】

 

 

ネット営業とチラシ営業は
対極にある営業方法と言えるでしょう。

 

つまり、こういうことです。

 

 

 

ネット営業は待ち≠フ営業

 

チラシ営業は押し≠フ営業

 

 

 

行政書士の基本はネット営業

 

 

行政書士の客となるのは何らかの悩み、問題を抱えている層です。
この層は自分の抱えている問題を解決してくれる専門家を自分から探します

 

なので、行政書士は基本的に
探される¢カ在、見つけてもらう¢カ在でなければいけません。

 

 

そして、見込み客が専門家を探す手段は、
(ツテがない場合は)インターネットです。

 

だから、行政書士は、
検索サイトで上位表示されるホームページ、ブログを作り込んでいかなければなりません。

 

 

インターネット上にホームページのコンテンツ、ブログ記事を投稿することで、
そこに見込み客が訪れることを待つ

 

行政書士の営業の基本は待ち≠フ営業なのです。

 

 

 

しかし、この待ち≠フ営業では獲得できない客層も存在します。

 

 

 

問題が顕在化していない客層を掴む

 

 

見込み客の問題はいきなり顕在化するのではなく、
その前から潜在的に抱えられているものです。

 

その典型例は相続の問題。

 

誰しもが一生のうちに何度かは相続の問題に直面します。
ですが、その前の長い期間は問題が潜在化している状態です。

 

そして、見込み客が専門家を探すというアクションを起こすのは問題が顕在化してからです。
潜在的に問題を抱えているにすぎない段階では多くの人は何も行動に出ないものなのです。

 

 

この「潜在的に問題を抱えている層」に行政書士が営業をかけるとしたら
押し≠フ営業しかありません。
すなわち、チラシ広告です。

 

チラシを何度も配り続けることで、
何も行動を起こしていない潜在的な見込み客に
行政書士である自分の存在を刷り込んでおく≠フです。

 

そうすることで、その客層の問題が顕在化した時に、
真っ先に自分の存在を思い出してもらうことが可能となります。

 

何度も何度もチラシでの刷り込みをしておくことで、
いざという時に自分の客になってもらうのです。

 

 

「この調子じゃ私もいつどうなるかわからないな。
 遺言書をそろそろ書いておかなければいけない。
 でも自分で作るのはちょっと・・・。
 そう言えば、近くに相続専門の行政書士がいたな。」

 

 

こんな感じで、チラシを配っていた客層からの問い合わせがあるのです。
問題が顕在化したのでネットで専門家を探すというアクションはとっているのでしょうが、
それでも日頃からチラシで存在を刷り込まれている行政書士を最終的には選んでしまう、
というケースが多いのです。

 

 

これはお客様目線≠ナ考えたら当然のことです。
私達だって、例えば引越しをする場合引っ越し業者を選ぶことになりますが、
その際、聞いたこともないような業者ではなく、
日頃からテレビやチラシなどで存在を脳に刷り込まれている業者を選ぶことになるはずです。
たとえネットで初めて知った業者の方が料金が安くても、
それでも日頃から刷り込まれている業者を選んでしまうのです。
行政書士などの士業の場合も同様です。
チラシ広告にはそういった「刷り込み効果」があるのです。

 

 

問題が顕在化する前の客層を掴む

 

 

これはチラシのような押し≠フ営業ツールでしかできないことなのです。
即効性はありませんが、
長く行政書士事務所を経営することを考えれば、
チラシ営業をすることで、獲得できる客層が一気に拡大します。

 

問題が顕在化している期間よりも、
潜在的に抱えられている期間の方が圧倒的に長いのですから。

 

 

やっぱり、チラシは営業の王道なんですよ。

 

 

 

まとめ

 

 

問題を潜在的に抱えている客層を掴むにはチラシ営業しかない

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

チラシ広告に挑戦!
対面営業、ホームページ営業とチラシ営業とではターゲットとなる属性が違う。チラシ営業でしか獲得できない客層が存在する。確かにチラシ広告は費用がかかるし難しい。しかし挑戦しなければ獲得できる客層は広がらない。
キヨシのチラシ営業実践記
チラシ広告に即効性はない。しかし、大量のチラシを継続的に配布し続けることで行政書士である自分の存在が見込み客に刷り込まれていく。やがて1件の仕事が入り信頼が生まれると、その信頼が一気にその客層に広がっていく。
チラシ営業で成功するには「効果測定」が不可欠
費用対効果の高いチラシ営業を実現するには効果測定が不可欠。業種毎に複数のパターンのチラシを作り、それぞれのパターンにつき最低5000枚配る。そしてせんいち∞せんみつ≠フ基準で反応率を図り、チラシの取捨選択をする。
士業のチラシ営業は利益でるのか?
士業のネット営業では問題が顕在化した客しか獲得できない。だから士業のチラシ広告はなくならない。チラシは潜在的に問題を抱えている見込み客に士業の存在を刷り込めるからだ。新人行政書士も長期的に事務所を成長させるためにチラシ営業に挑戦すべきなのだ。
チラシ広告は第一印象(デザイン)が命!
チラシ広告を作る上で一番重要なことは捨てられない<`ラシを作ること。つい見てしまうチラシを作ることです。そのためにはパッと見が全て。心にひっかかるキャッチコピー、顔写真、カラー印刷、概要がすぐ判るシンプルな構成を心掛けましょう。
チラシから電話、ホームページに誘導する
潜在的に問題を抱えている客層を獲得するための営業ツールはチラシ。チラシからホームページ、事務所の電話に誘導してクロージングする。そのためにはチラシ広告にホームページ、電話への誘い文句を記載することが不可欠。
チラシに掲載する業務は絞る!
複数の業務が掲載されているチラシはすぐに捨てられる。業務はひとつに絞らなければいけない。掲載すべき業務は誰にでも起こる相続問題。次に、クーリングオフや交通事故関連業務もおススメ。離婚はチラシ集客に不向き。各種許認可も不向き。
素人がチラシのデザインを作る方法
デザインの素人が一からチラシを作っても上手くいかない。しかしプロのデザイナーに依頼すると費用が膨大にかかる。普通の新人行政書士はテンプレートを利用してチラシを作成すべき。さほど費用をかけずに効果の出るチラシを作成できる。
ビスタプリント(Vistaprint)でチラシを作る手順
ビスタプリントにはクオリティーの高いテンプレートが豊富にあります。操作は簡単でデザインの素人でもプロレベルに近い綺麗なチラシが出来ます。実際に集客できるチラシ広告を低価格で作るのであればビスタプリントが最適です。
チラシ営業のコストをゼロにする方法
チラシ集客の成功に不可欠な「効果測定」をするには最低5000枚配布し続ける必要がある。費用がかさむ。そこでチラシ印刷代を捻出するために、新人行政書士はポスティングのバイトをすべき。資金が乏しくてもチラシ営業に挑戦できる。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務