盗用サイトのドメイン取得日を調べる

盗用サイトのドメイン取得日を調べる

 

 

 

続いて、盗用サイトのドメイン取得日を調べます。

 

つまり、自分のサイトよりも後から盗用サイトが作成されたことを証明するためです。
作成日の前後関係が不明であれば、どちらが盗用したのかについてサーバー会社や裁判所は判断できませんからね。

 

 

 

これについても調べ方は簡単です。

 

前のページでも使った「Whois Lookup」というサイトにアクセスして、

 

ここに盗用サイトのURLを入力して「Search」をクリックするだけ。

 

そして、「Whois History」を見るとドメイン取得日がわかります。

 

 

 

 

当サイトのドメイン取得日は2014年6月5日です。

 

 

 

 

では「行政書士の神様」のドメイン取得日を調べてみましょう。

 

 

「行政書士の神様」のURLを入力して「Search」をクリックすると・・・

 

 

 

 

 

 

 

出ました。

 

 

「行政書士の神様」のドメイン取得日は2017年3月24日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に「行政書士開業の手引き」のドメイン取得日を調べてみると・・・

 

 

2017年7月25日。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どちらも当サイト開設の約3年後にドメインを取得していますね。
当サイトが先で、「行政書士の神様」と「行政書士開業の手引き」が後から当サイトを盗用したことはこれで明らかです。

 

 

それにしてもなんで両盗用サイトとも2017年に登場したんでしょうね?
当サイトが盗用されるほどに認知されるようになるまでに3年もかかったということでしょうか・・・

 

 

 

まとめ

 

 

自分のサイトと盗用サイトの作成日の前後関係を明らかにするために、盗用サイトのドメイン取得日を調べなければならない

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

当サイトがパクられている?ならば反撃しましょう
当サイト全体がリライトされています。著作権侵害です。放置するわけにはいかないので合法的に対抗していきます。
盗用サイト撃退の手順
事務所ホームページの著作権を侵害する盗用サイト作成者に対してはサイトの削除のみならず民亊・刑事責任の追及が可能です。事前準備を整えて計画的に責任を追及していきましょう。
盗用サイトによる著作権侵害の事実の証拠確保
盗用サイトを発見したら権利侵害者にコンタクトを取る前に著作権侵害の事実の証拠確保が必要。簡単な方法は「web魚拓」の利用。最も確実な方法は事実実験公正証書の作成。
盗用サイトのレンタルサーバー会社を調べる
盗用サイトに作成者の氏名等が載っていなくとも、レンタルサーバー会社が作成者の個人情報を握っている。そこでまずは盗用サイトのレンタルサーバー会社を調べる必要がある。
盗用サイト作成者の氏名・住所等を突き止める方法
盗用サイトのレンタルサーバー会社に対しプロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求すれば盗用サイト作成者の氏名・住所等の個人情報が判明する。@発信者情報開示請求書A印鑑証明書、本人確認資料B権利侵害を証明する資料が必要。
発信者情報開示請求書(プロバイダ責任制限法第4条)の書き方
発信者情報開示請求書は標準書式を参照すれば簡単に作成することができます。
盗用サイトによる著作権侵害を止める方法
盗用サイトによる著作権侵害を止める方法は@盗用サイトの管理人にサイト削除を要求、Aグーグルへの削除申請、Bプロバイダ責任制限法第4条によるサーバー会社への送信防止措置の申出の3つ。最も効果的な方法はBの送信防止措置の申出
著作物等送信防止措置(プロバイダ制限法第3条)の申出書の書き方
著作権を侵害しているサイトを消滅させるための著作権等送信防止措置の申出書は様式を参考にすれば簡単に作成できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務