リライトサイトによる著作権侵害の事実の証拠確保

盗用サイトによる著作権侵害の事実の証拠確保

 

【目次】

 

 

 

 

証拠確保の必要性

 

 

 

盗用サイト撃退の手順」でも言いましたが、盗用サイトを撃退するために最初にやるべきことは盗用サイトによる著作権侵害の事実を証拠として形に残すことです。

 

これは盗用サイトがインターネット上から消えてくれさえすれば良いと考えている被害者にとっても必要なことです。

 

盗用サイトの管理人に削除を要求したり、サーバー管理会社に通報する前にやらなければいけません。

 

 

相手は平然と他人が作成したコンテンツを盗むような人間です。
何をするかわかりません。
問題の盗用サイトが削除されたとしても、その後ドメインを変えて同じような盗用サイトを作る危険性だってあるのです。

 

ですから、相手に責任追及をするか否かに関わらず、とにかく盗用サイトを作って著作権侵害をした犯人を特定しておく必要があるのです。
そして、その前提として盗用サイトによる著作権侵害の事実を証拠として残しておく必要があるのです。

 

再び同じような事をしたら、その時は容赦なく責任追及をしなければなりません。
そこまでしないと、パクられ放題になりますからね。

 

 

以下、盗用サイトの証拠確保の方法を紹介します。

 

 

 

証拠確保の方法@ 「web魚拓」で盗用サイトをインターネット上に保存

 

 

 

まず、1番手っ取り早い方法は「web魚拓」を利用することです。
「web魚拓」とはウェブサイトを魚拓のように写し取り、インターネット上に保存できる無料サービスです。

 

つまり、盗用サイトを魚拓しておけば、それが削除された後も、著作権侵害の事実をインターネット上に保存しておけるのです。

 

 

 

利用の仕方はいたって簡単。

 

 

ここに盗用サイトのURLを入力して検索ボタンをクリックして

 

 

 

 

 

 

 

「取得」をクリックするだけ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、当サイトを盗用した「行政書士の神様」

 

 

すでに作成者の手で削除されていますが、その全てのページは魚拓してインターネット上に保存しています。

 

こんな感じです。

 

 

行政書士で食っていくならホームページは必須だ!!

 

 

 

もちろん、もう一つの盗用サイト「行政書士開業の手引き」についても全てのページを魚拓しています。

 

 

 

ついでにこれも

 

 

新人行政書士の開業ブログ

 

 

 

 

 

行政書士の開業ブログ

 

 

 

 

 

「行政書士開業の手引き」の管理人さん、自作自演のリンク送ってますね〜。
自作自演のリンクはグーグルのガイドラインに違反するって当サイトの「士業ホームページを成長させよう!!」で注意していたんですけどね。

 

「行政書士開業の手引き」の管理人さん、読んでるはずなんですけど。
盗用サイトに自作自演リンク送るなんてヤバいですよ。
この人、他にもサイト作ってるようですけど、もうヤバいことはやめておいたほうがいいんじゃないかな〜。
Googleアドセンス広告張っておきながら、グーグルのガイドラインに違反してたらまずいでしょ。バレたらID剥奪ですよ?

 

 

 

 

証拠確保の方法A 事実実験公正証書

 

 

次に、より証拠力の強い証拠確保の方法をお伝えします。

 

ずばり、事実実験公正証書です。
つまり、公証役場にパソコンを持って行って盗用サイトを公証人に見てもらい公正証書にする、ということです。

 

法的責任の追及を考えている人はここまですべきです。
一般の方であれば敷居が高いでしょうが、このサイトを見ている人は行政書士の方が大半でしょうから、公証役場は行き慣れた所だと思います。

 

できますよね?
もちろん私はやってます。

 

 

 

まとめ

 

 

再犯防止のためにも盗用サイトによる著作権侵害の事実を証拠として確保することが必要

 

最も簡単な方法は「web魚拓」の利用

 

最も効果が強い方法は事実実験公正証書の作成

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

当サイトがパクられている?ならば反撃しましょう
当サイト全体がリライトされています。著作権侵害です。放置するわけにはいかないので合法的に対抗していきます。
盗用サイト撃退の手順
事務所ホームページの著作権を侵害する盗用サイト作成者に対してはサイトの削除のみならず民亊・刑事責任の追及が可能です。事前準備を整えて計画的に責任を追及していきましょう。
盗用サイトのレンタルサーバー会社を調べる
盗用サイトに作成者の氏名等が載っていなくとも、レンタルサーバー会社が作成者の個人情報を握っている。そこでまずは盗用サイトのレンタルサーバー会社を調べる必要がある。
盗用サイトのドメイン取得日を調べる
自分のサイトと盗用サイトの作成日の前後関係を明らかにするために、盗用サイトのドメイン取得日を調べなければならない
盗用サイト作成者の氏名・住所等を突き止める方法
盗用サイトのレンタルサーバー会社に対しプロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求すれば盗用サイト作成者の氏名・住所等の個人情報が判明する。@発信者情報開示請求書A印鑑証明書、本人確認資料B権利侵害を証明する資料が必要。
発信者情報開示請求書(プロバイダ責任制限法第4条)の書き方
発信者情報開示請求書は標準書式を参照すれば簡単に作成することができます。
盗用サイトによる著作権侵害を止める方法
盗用サイトによる著作権侵害を止める方法は@盗用サイトの管理人にサイト削除を要求、Aグーグルへの削除申請、Bプロバイダ責任制限法第4条によるサーバー会社への送信防止措置の申出の3つ。最も効果的な方法はBの送信防止措置の申出
著作物等送信防止措置(プロバイダ制限法第3条)の申出書の書き方
著作権を侵害しているサイトを消滅させるための著作権等送信防止措置の申出書は様式を参考にすれば簡単に作成できます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務