事務所開業にあたり選ぶべきクレジットカード

事務所開業にあたり選ぶべきクレジットカード

 

 

 

クレジットカードは何百種類もあり、それぞれの特色があります。
なので、用途に応じて選ぶべきカードは変わってきます。

 

そして行政書士事務所用のクレジットカードの用途は、もっぱら「事業用の支払」です。
海外旅行で使う、特定のスーパーでのみ使う、などといったことはありません。

 

なので、特典等は考えずに、ここでは事務作業の効率化コストカットのみを考えるべきです。

 

 

この2点を重視した場合に、現時点で最もおすすめできるのカードは「三井住友ビジネスカード for Owners」です。

 

 

このクレジットカードは「for Owners」というワードからもわかるように個人事業主・個人会社のために作られたカードです。
屋号付口座を設定することが可能です(三井住友銀行でなくても構いません)。

 

 

このカードは必要のないサービスを省いてシンプルに個人事業主の経費管理の効率化経費削減を重視した設計になっています。

 

そのため年会費も低く抑えられており、「クラシック」だと年間1250円です。

 

*「ゴールド」「プラチナ」もありますが、行政書士事務所の会計処理に使うのであれば「クラシック」で十分です。

 

 

なお「ETCカード」も年会費が実質無料で持てます(1年に1回使えば年会費無料)。

 

* 行政書士は車での移動も多いので、「ETCカード」は必須です(会計処理で使う以上、プライベート用とは別に事業用の「ETCカード」が必要なのです)。

 

 

今後、もっと良いクレジットカードが登場したらこのサイトで紹介しますが、
現時点では「三井住友ビジネスカード for Owners」をお薦めします。

 

 

 

 

申し込み方法は以下の通りです。

 

まずは「三井住友カード for Owners」のホームページで申し込みをします。
    ↓
「クラシック」の申し込みボタンをクリック

 

 

 

    ↓
以下、サイトの説明文に従って申し込み手続きを完了させます。

 

 

 

後は審査を待ち、審査に通ればカードが送られてきます。

 

 

 

 

まとめ

 

 

選ぶべきは「三井住友カード for Owners

 

個人事業主の会計処理に特化しており、無駄なサービスがない分、年会費が低く抑えられます。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

円満退社、そして退職後の諸手続き
会社は円満に退社しましょう。悪評が回ると事務所経営に支障が出ます。会社から源泉徴収票等の書類を受け取ることも忘れずに。そして、退社後には国民年金、国民健康保険の加入、住民税の支払い、所得税の確定申告等の諸手続きをする必要があります。
退職独立前に事務所用クレジットカードを作れ!
行政書士事務所を開業する前に事業用の支払い専用のクレジットカードを作ることが必要です。独立した後は経済的信用がなく審査に通りません。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務