退職独立前に行政書士事務所用専用クレジットカードを作れ!

退職独立前に事務所用クレジットカードを作れ!



【目次】

 

 

独立を考える前までは現金主義≠ナ通してきた人もいるでしょう。
あるいは、すでにプライベート用≠ノクレジットカードを利用している人もいるでしょう。

 

 

しかし、行政書士事務所を開業するのであれば、
独立前に必ず事務所専用≠フクレジットカードを作らなければいけません。

 

 

事務所専用のクレジットカードを作る必要性

 

 

事業用の支払いは当然に事務所用の現金・預金から支払うことになりますが、
クレジットカードを使って決済することもあります。

 

特に、内容証明郵便作成業務を遂行する際には
郵便局の「e内容証明」を利用することになります。
そして、その決済は原則としてクレジットカードでなければいけません。

 

行政書士事務所を運営するにはクレジットカードは必需品なのです。

 

 

ところが、私的に使っているクレジットカードで事務所の支払いをしてしまうと、
私的な支払いと事業用の支払いの両方を帳簿に記載しなければならなくなります。
これは非常に面倒です。
とてもやってられません。

 

ですから、開業準備を始める前に必ず、
行政書士事務所専用のクレジットカードを用意しておいてください。

 

 

なお、クレジットカード発行に際しては返済能力の審査があります。
開業したばかりの新人行政書士の経済的信用は低いので、審査は通りにくいです。
ですので、会社を退職する前に必ず事務所専用のクレジットカードを作っておきましょう。
(事務所用とは言っても、名義はもちろん個人名です)

 

 

なお、事務所開業準備段階での支出も「開業費」という科目で事務所経費になります。
ですから、開業準備としての支払いも、
私的なクレジットカードではなく、事務所用のクレジットカードを使ってください。

 

どうせクレジットカードを持つのですから、
カード決済できるものは全てクレジットカードを使いましょう。
決済をクレジットカードに集中させることで後々の会計処理がとても楽になりますから。

 

 

  * といっても、中には審査に通らない人もいるでしょう。
    (行政書士試験の受験勉強に専念するために仕事をしていなかった人など)
    審査に通らなかった人は、
    とりあえず内容証明郵便作成業務を取り扱うことは先延ばしにしましょう。
    がんばって1年目から実績を作れば翌年の再審査で通りますから。

 

    あるいは、すでに持っている私生活用のクレジットカードを使うか、
    家族のクレジットカードを使って決済するという手もあります。
    ただし、私生活用のカードを使うと帳簿付けが面倒になります。
    家族のカードを使う場合は(別に違法行為ではありませんが)、
    経費として落とすことは難しいでしょう。

 

 

 

では、次のページで行政書士事務所開業にあたり選ぶべきクレジットカードについて説明します。

 

 

 

まとめ

 

 

行政書士事務所を運営するには事務所専用≠フクレジットカードが必要となります。
経済的信用がある会社員であるうちに、作っておきましょう。

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

円満退社、そして退職後の諸手続き
会社は円満に退社しましょう。悪評が回ると事務所経営に支障が出ます。会社から源泉徴収票等の書類を受け取ることも忘れずに。そして、退社後には国民年金、国民健康保険の加入、住民税の支払い、所得税の確定申告等の諸手続きをする必要があります。
事務所開業にあたり選ぶべきクレジットカード
行政書士事務所開業にあたって選択すべきは「三井住友ビジネスカード for Owners」。個人事業主の会計処理に特化しており、無駄なサービスがない分、年会費が低く抑えられます。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務