「書式」がないと行政書士の業務はできません!

「書式」がないと行政書士の業務はできません!

 

行政書士事務所を開業するにあたって必ず準備しなければならないものの一つとして
ヒアリングシート等の書式集があります。

 

 

これがないと、とても仕事にはなりません

 

 

 

例えば、建設業許可申請の相談を受けたとします。

 

この場合、依頼者が許可を受けるべき建設業の種類を確定するために
確認しなければならない情報大量にあります。

 

その必須確認事項を漏らすことなくチェックするためには、
当然ですがチェックリストを用意しておかなければいけません。

 

 

   *  ↓ チェックリストのサンプル

 

 

 

 

 

 

たとえ建設業許可申請手続の全体の流れが完璧に頭に入っていたとしても、
チェックリスト無しに真っ白な紙で確認していくことなど無理です。
そんなことをやっていたら失敗します。

 

 

もちろん、違う業務の依頼があった際にも、依頼者から確認すべき事項は大量にあります。
ですので、業務ごとにチェックリスト、ヒアリングシートを事前に用意しておかなければいけないことになります。

 

 

例えば、
自動車保管場所証明申請チェックリスト
産業廃棄物収集運搬業許可申請チェックリスト
古物商許可チェックリスト
相続・遺言ヒアリングシート
遺言書起案用ヒアリングシート
離婚協議書作成ヒアリングシート・・・
などなど。

 

数え上げたらキリがありません。

 

 

   *  ↓ チェックリストのサンプル

 

 

 

 

 

もちろん、各業務に特化した書式だけではないです。

 

 

一件仕事を受注する毎に
委任状、契約書、見積書、書類・金銭等の預かり証、返却確認証、事件簿等を
作成しなければいけません。

 

    *事件簿の作成は法律上の義務です(行政書士法第9条)

 

 

顧客管理台帳や業務日誌の作成も必要です。

 

 

 

このように、膨大な種類の書式を開業前に準備しておかなければいけないのです。

 

 

 

 

では、どうやって「書式」を準備すれば良いのか?

 

 

 

この点につきましては、次の頁でお話しします。

 

 

まとめ

 

 

各業務毎のチェックシート等の書式を用意していないと
とても行政書士の業務はできません。

 

必ず事務所開業前に準備しておきましょう。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

「書式」を作成するなんてできません!
行政書士の業務遂行に必須の書式は購入すべき。質量ともに十分な「行政書士開業セット」がおススメ。メンバーサイトで法改正に対応した新しい書式も手に入る。ここに投資できない新人は膨大な時間を失い、そして失敗する。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務