士業専門の検索相談サイトからホームページに誘導しよう!

士業専門の検索相談サイトからホームページに誘導しよう!


【目次】

 

 

「あの駅の近くに美味しい焼き肉店がないかな〜」

 

 

などといった時に“エキテン”というクチコミ検索サイトを利用されている方は多いと思います。

 

このサイトには、美容院、歯科、学習塾、レストラン、ホテル・・・
などなど、様々な業種の店舗情報と口コミ・評判が掲載されており、
ユーザーはジャンル、エリアを絞ることで複数の店舗を簡単に比較することができます。

 

つまり、エキテン経由である店舗のホームページにたどり着き、それからお店に足を運ぶ、
というのが一つの集客パターンとなっているのです。

 

だからジャンルを問わず多数の店舗が“エキテン”に自店の情報を掲載しています。

 

 

 

 

そして2016年、士業に特化したエキテンが登場しました。

 

 

その名も“エキテンプロ

 

 

 

 

 

士業自身がこのサイトに事務所の基本情報、プロフィール、注力業務などの情報を
自由に豊富に掲載することができます。
エキテンプロで士業を探している見込み客に自分の事務所をアピールできるのです。
また、相談フォームもあり、エキテンプロから直接相談者が士業にアクセスすることもできます。
お客様にも士業にも使い勝手が良いサイトなのです。

 

 

 

既に一般消費者の間で“クチコミ検索サイトで店を選ぶ”という行動パターンが定着しているので、
士業を探す際にも士業検索サイトがあればそれを利用するだろうということは
容易に予想できる状況でした。

 

そういう状況で“エキテンプロ”が開設されたのですが、
予想通りに開設初年度から多くの相談者がエキテンプロを利用しています。
初年度の相談者は月平均で5万人。結構な人数です。
今後ますます利用者は増加するでしょう。

 

 

士業側がエキテンプロに事務所の情報を掲載するのに料金は一切かかりません。
成約した場合の仲介手数料等も発生しません。
“Facebookページ”と同様に完全無料の集客媒体なのです。
これを利用しない理由はありません。
デメリットがないのですから。

 

 

 

これから行政書士事務所を開業される方は(すでに開業されている方も)エキテンプロに登録すべきです

 

登録しなかったら、エキテンプロ経由で士業を探す見込み客をみすみす逃がすことになりますよ

 

 (* 2018年1月現在、エキテンプロに掲載している事務所数はまだ多くはありません。
    早く掲載することで先行者利益を獲得できる状況です)

 

 

 

エキテンプロのメリット

 

 

なお、エキテンプロを利用するメリットは
@エキテン経由で集客できることだけではありません。

 

 

A「WEB制作会社にサイト作成を依頼するリスク」で説明したように、
事務所ホームページを開設してもコンテンツの質と量が充実するまでの間は
グーグルに評価されません。
その結果、グーグル、ヤフー等の検索サイトであなたの名前や事務所名で検索しても
検索結果に上がってこない時期が続きます。

 

しかし、エキテンプロのサイト自体、すでにグーグルに評価されているので、
エキテン掲載開始後短期間であなたの名前、事務所名での検索結果で上位表示されます。

 

 

Bエキテンプロのページにあなたの事務所ホームページのURLを載せる(リンクを張る)ことで
事務所ホームページの評価も高くなります

 

  (*エキテンプロと士業事務所サイトとの関連性が高いことは明白なので
    ペナルティーの対象にはなりません)

 

 

 

エキテンプロ掲載上の注意

 

 

1「注力業務の紹介文」などは開業直後は簡単な内容になってしまうのも仕方ありません。
  実績がないのですから。
  ですが、経験を積み重ね、あなたが行政書士として成長するのに合わせて、
  業務紹介の記載内容も充実させていくべきです。
  ホームページの場合と同様です。どんどん改良していきましょう!

 

 

2「経歴」は必須事項ではありませんが、記載すべきです。
  学歴、職歴など、できるだけ詳しく書きましょう。
  なぜならエキテンプロを利用するユーザーは複数の士業を短時間で比較しようとしている人
  たちだからです。
  このような人はとりあえず「経歴」を見ます。
  そして「経歴の記載がない士業」よりも「経歴の記載がある士業」の方を信用します。
  別に有名大学出身じゃなくても良いのです。
  前職が大企業のサラリーマンでなくとも良いのです。
  とにかく素性がはっきりしていること。
  これが大事なのです。

 

 

 

あくまでもホームページ営業の補強と考える

 

 

なお、エキテンプロを利用している士業の中で
エキテンプロに事務所ホームページのURLを掲載していない方がいらっしゃいます。
その理由はおそらくホームページを開設してないからだと思われます。

 

 

これじゃ、意味ないですよ?

 

 

ホームページは必須の営業ツール」でもお話ししましたが、
ホームページも持っていない士業に仕事を依頼する客なんていません。
気軽に足を運べる飲食店ならそれでも客は入るかもしれませんが、
士業事務所の場合、ホームページもなかったら、
わざわざそんな事務所に仕事を依頼しようなんて思うはずがありません。

 

エキテンプロだけで集客しようなんて思っているのならば、それは甘すぎます。
あくまでもホームページ集客が基本です。
ホームページの集客力を補強するためにエキテンプロを利用するのです。
ここは間違わないでください。

 

 

 

まとめ

 

 

士業を探すために“エキテンプロ”を利用する見込み客は今後ますます増加する。
先行者利益を獲得するためにも開業直後から登録すべき。

 

ただし、基本はホームページ。
ホームページなくしてネット営業もアナログ営業も成功はない。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加 

関連ページ

行政書士会入会式に出席する際の心得
行政書士会入会式に出席することで、いよいよ行政書士の仲間入りです。あなたの行政書士事務所が開業するのです。しっかり準備して気を引き締めて入会式に出席しましょう。成功への第1歩なのです。
行政書士事務所開業届と税金対策
行政書士事務所を開業したら直ちに開業届を税務署に提出します。と同時に税金申告の方法を決めます。もちろん節税効果が高い青色申告を選択します。いずれも提出期限があります。必要な手続は速やかに完了させましょう。
行政書士事務所の銀行口座(通帳)
行政書士自身の会計処理の便宜のために行政書士事務所専用の銀行口座を開設すべき。顧客の振込作業の便宜のために複数の口座を開設すべき。顧客から信頼されるために屋号付きの通帳を作るべき。
行政書士事務所の料金設定
安い料金は安い客を呼びます。高い報酬額は良い客を呼びます。高い報酬額に相当する専門性の高さをホームページ等で裏付けることができたら行政書士も良い客を獲得できます。士業は価格競争ではなく、専門性の高さで勝負すべきです。
行政書士の懇談会、異業種交流会参加への心得
行政書士や他士業の先生と出会える懇談会・異業種交流会等は、新人行政書士の将来を左右する大事なイベントです。ここでしっかり人脈を作ることで、業務習得、仕事獲得が可能となるのです。挨拶、名刺交換、会話すべてに完璧な準備をしておきましょう。
ブログで集客
ブログ集客は士業の業界でも常識です。ブログをするだけでは足りず、ライバルに勝てるブログを育てる必要があります。そのためにはブログの目的、ターゲットとする属性を明確にし、その上で記事タイトルとコンテンツ内容を決めましょう。
FBで人脈作り
FBも行政書士に必須の営業ツールです。その目的は「集客」でなく「人脈作り」。直接会い興味を持ってくれた方とネット上でゆるい継続的な関係を作るためのツールなのです。自分をアピールしつつも迷惑にならない投稿をしなければいけません。
業務・地域特化型ホームページで集客
見込み客は検索エンジンに「地域名」と「問題」を入力して行政書士を探します。その検索結果で上位を取れるのが業務・地域特化型ホームページです。しかも、その問題に特化したサイトなので受注に可能性も高まります。強力な営業ツールなのです。
チラシで集客
インターネットを利用しない層、問題が顕在化していない層はチラシ営業でしか獲得できません。ホームページだけでなくチラシ広告を使うことで客層が一気に増えるのです。しかも行政書士事務所経営は地域密着型ビジネス。チラシ営業との相性は抜群です。
「開業後の事務所運営(営業等)」のまとめ
登録が完了し、行政書士事務所を開業すると、いよいよ仕事の受注が可能となります。しかし、簡単には顧客を獲得できませんし、業務の習得もできません。できるだけ早く事務所経営を軌道に乗せるためには、開業後も計画的に行動することが大切です。そのためのヒントをお伝えします。

ホーム RSS購読 サイトマップ
自己紹介 目次 登録申請まで 申請後〜開業前 営業 実務